「ルドゥーテの世界」ガーデン植栽変更 No.7

本日、6/15(水)「ルドゥーテの世界」の植栽を変更してまいりました。
梅雨時期に入り、植物にも少し大変な時期のようです。
気温がそんなに上がらない事も幸いして、花の開花時期は長いようですが、バラは苦戦しています。今回、イングリッシュローズ「ルドゥーテ(or ルドゥテ)」の花も終わったようだったので、その他の植物に変更してきました。今の時期アジサイがとてもキレイに咲いています。マークのガーデン内にもルドゥーテの作品にもアジサイが入っています。
花の画家ルドゥーテの描いた植物はバラだけではありません。
鮮明に正確に、そして確かな技術で描かれた彼の作品は一つ一つ繊細で優しさが感じられます。マークのガーデンにも癒しを感じていただけるでしょうか?

Redoute_0615_01.JPG
アメリカアジサイ'アナベル'も真っ白に色づいてきました

Redoute_0615_02.JPG     Redoute_0615_03.JPG

カフェ ドゥ マゴ パリ(Bunkamura B1Fテラス)でいただいたコーヒーはなんとも言えない深~いコクでした。
朝一番の日差しを浴びながら都会の真ん中でいただくドゥ マゴ パリの味わい深いコーヒーは贅沢な幸せの一時。しかも、ガーデンを目の前に今が旬のお花やグリーンに囲まれて・・・。
いつも頑張っている自分に、少しでも癒しの時間、ご褒美でもいかがですか?

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ