フランス・ツルーズ編(France, Toulouse) No.1

本日は、ルドゥーテやBunkamuraのパリ祭にちなんでというか、フランスのお話。

南仏Toulou(ツルーズ)に知り合いがいて、遊びに行った時・・・。


現地に金曜日の午後に到着後ランチ(Lunch)を頂いた。白菜・クルミ・チーズのサラダをオリーブオイルとビネガーのドレッシングで、クスクス(北アフリカでひき割り麦を蒸して作る料理)とクロワッサンのシンプルなものなのにとってもおいしかった。

Toulouse_01.jpg
やっぱりフランス人の味覚は違うね~。
その後、町散策に出たのにシエスタでほとんどのお店は閉まっていました。
「フランスでもシエスタがあるとは・・・」と思っていたらここはピレーネ山脈の麓、スペインに近い南フランスだという事に気がついた私・・・。田舎の町ではシエスタ習慣が残ってるのかしら~???
でもこの時間帯のレストランは混雑しててみんなワイン飲んで長めのランチタイムを摂っていました。
そう、金曜日の午後は既に休日モード。どのレストランでもワインを飲みながらのカジュアルランチが主流みたい。全ての企業、人々ではないのですが、その傾向が強いよう。
いいな~ヨーロッパのこんなゆる~い感じ。

Toulouse_02.jpg     Toulouse_03.jpg
古い町並みがとても綺麗な一枚でした。    こちらはサンテティエンヌ大聖堂

最初にこの町を築いたローマ人、3世紀にキリスト教が伝えられ、中世には藍染料etcの交易で繁栄したこの町はコンコルドを代表とするエアバス社(Airbusフランスの航空会社で日本ではアメリカのボーディングが主流ですが、スターフライヤーはこちらの機種)の参入で、航空産業が盛んになったようです。
また、ここは3つの大学を中心に11万5000人の学生が集まる学園都市でもあるそうです。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ