ハンギングバスケット(Hanging Basket) No.2

イギリスでは毎年、夏が近づくと各地方自治体(=council=カウンシル)はどれだけ自分達の街を綺麗に保つか、エリザベス女王、皇室一家に訪れてもらえるようになるか、英国一綺麗な街コンテストを制する事ができるかを競い合います。
今回は、以前住んでいた街Oxford(オックスフォード)を訪れました。

CouncilHB_01.JPG     CouncilHB_02.JPG
Oxford(オックスフォード)のシティセンター近くを彩るハンギングバスケット

6月の大学や学校が終わる頃になると、急にオックスフォード内は騒がしくなります。
まずはその周囲に在住のオックスフォード大学学生やブルックス大学、その他の学校の卒業シーズンになり、センター近くのパブやレストラン街は学生で溢れかえります。
そして、7月に入るとお次は観光客。特にヨーロッパ各国からの留学生が多くなり、小中学生くらいの学生で大騒ぎ。

CouncilHB_03.JPG     CouncilHB_04.JPG
公衆電話ボックスと自転車とハンギングバスケット   

オックスフォードは学生が多く滞在するため、自転車の数はものすごく多いんです。ケンブリッジも同じ。特に朝の通勤、通学時間帯になるとバスの運転手と自転車通勤者は仲が悪く、事故も多いんですよ!!
狭い道を自転車がチョロチョロ、ふっと気づくと「あっ!!危ない!!」と言う光景を良く見かけました。最近の東京都内も同じですね。

CouncilHB_05.JPG
こちらはWinsor(ウィンザー)のカウンシルのハンギングバスケット

CouncilHB_06.JPG
こちらはハンギングバスケットではありませんが、フラワーボックスのような感じかな?
Lincoln(リンカーン)のカウンシルの花飾りです。

日本国内でも統一した夏祭り、コンテストなど行うと国内全体に花、園芸業界の活性化が行えるのではないでしょうか?
園芸大国イギリスには心癒される空間が各所にありますよ~。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ