IBC ガーデンNo.6(IBC Visit to Garden No.6)

ちょっと、時期が遅れてしまいましたが、こちらはIBC(国際オランダ球根協会)のレポートです。

Garden No.6 - A real designers garden, commissioned to designer Arend-Jan Van der Horst to lay out the 1.7ha.

IBC_garden_no.6_01.JPG     IBC_garden_no.6_02.JPG
From the conservatory there is a combination of formal & informal gardens.
A total of 9 enclosed gardens. The use of the orange brown Fritillaria 'Satie' & 'Vivaldi' with the bamboo was an interesting idea.
IBC_garden_no.6_03.JPG

Also many bulbs used in pots for seasonal interest & to create focal points. Tulips & Fritillarias with ferns in the fruit garden worked well together.
IBC_garden_no.6_04.JPG


Garden No.6 -こちらはオランダ人ガーデンデザイナーArend-Jan Van der Horst氏に依頼して1.7ヘクタールの場所に設計された本物のデザイナーズガーデンです。
コンサバトリー(温室)からフォーマル(整形式)とインフォーマル(形式ばらない)ガーデンのコンビネーションがあります。
計9つの囲割れた庭(エリア)があります。オレンジ・ブラウンのフリチラリア'サティ'と'ビバルディ'を竹と配して、面白いアイデアでした。
また、多くの球根をポット(鉢)に植え、この季節だけのために興味を持ってもらえるように作成しフォーカルポイントとして使っていました。
フル-ツガーデン(果樹園)内にチューリップとフリチラリアをシダ類と一緒に植栽し、これがまた効果的でした。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ