外構・植栽リニューアル工事 東京都三鷹市 No.2 (Renewal garden in Mitaka)

7,8年前に施工された外構フェンスや枕木の床、植栽をリニューアルしたいとのことで、伺った東京三鷹市のM様。
黒くすすで塗ったようなフェンスと枕木の床資材とただ土の上に置いただけのペイビング(既存分)はところどころが、不均等で浮き沈みがありました。
既存フェンスと枕木は庭全体を暗い雰囲気にしており、朽ちて白アリのようなアリも発生。
床材は既存分と新規分のペイビングで納まり良く敷き直し、木製フェンスは英国製で以前と変わらない高さをキープすることで、近隣との変化を大きくしないようにしました。

Mitaka_A_2011-01.JPG     Mitaka_A_2012-01.JPG
Before(施工前)  2011年秋                     After(施工後) 2012年春

建物の外観や内装は英国を良く知る方がデザインされており、お住まいになられている方も英国が大好きな方です。
東京のような都会の住宅は近隣住宅と密接しており、近隣住民の方々は工事や変化を嫌います。
M様のようにお隣の方にも気を遣い、目線が隠れるプライバシーにも気を遣う、管理する植物やご自宅のお庭をきれいにすることで、お隣の方も喜んでくださいました。


Mitaka_B_2011-02.JPG     Mitaka_B_2012-04.JPG
Before(施工前) 2011年秋                      After(施工後) 2012年春

どうですか?
庭が明るくなったと思いませんか?
古いペイビングと新しいペイビングの色合いが違うのは仕方ないとして、これから庭を使い込んでいくうちに色合いも変化していくことでしょう。

Mitaka_C_2011-03.JPG     Mitaka_C_2012-02.JPG
Before(施工前) 2011年秋                      After(施工後) 2012年春

フェンスを変えるだけでも随分と違いますが、マークの植栽も春だけ、バラだけの庭ではなく、一年中四季を通じて、楽しめるお庭を心がけて植栽計画を練っています。
ガーデンデザインを考える時、自分がどんな庭で過ごしたと思うか、どんな地域・気候の場所なのか、様々なことを考慮しながら計画を練っていきます。

Mitaka_C_2012-06.jpg
植物の生長がぐんぐん見えます(施工後3週間程)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ