白馬コルチナイングリッシュガーデン(長野県)2012年8月 No.3

プレ・オープニングセレモニーに向けてガーデン内では寄せ植えを設置したり、普段の手入れに一層のエネルギーが注ぎ込まれました。前回の記事でご紹介した西田さん作製の寄せ植えはパープルファウンテンとセロシア(ケイトソウ)で秋らしくお出迎えです。

Hakuba_201208_11.jpg     Hakuba_201208_12.jpg
西田さん作製の寄せ植えがエントランスでお出迎え        ボーダーガーデンからガーデンの奥を臨む

この時期の白馬の空は秋らしくなってきました。
日中はまだ暑いのですが、夏の空と秋の空が入り混じった様子。
スタチュー(彫像物)やテンプル(神殿)が入り、断然と庭が引き締まりました。

Hakuba_201208_13.jpg     Hakuba_201208_14.jpg
ボーダガーデンからホテルを臨む                   ガウラ(ハクチョウソウ) 

朝晩の気温も下がってきて、植物達も元気を取り戻してきました。
バラも元気良く、その他の宿根草と秋の庭で彩の競演です。

Hakuba_201208_15.jpg     Hakuba_201208_16.jpg
ガーデンエントランスの看板                      ガーデンでは協力金をお願いしています

コルチナ・ガーデンエントランスの階段前に設置された協力金箱への資金は全てガーデンの造成資金へ活用されます。
イギリスではガーデンへの入場料を支払う際にVAT(消費税)を含んだ金額で支払っています。英国住所を持っている方はそのVAT(消費税)をそのガーデンに還元するかしないかの選択が可能です。日本人の私達が受付で入場料を支払う際、彼らは当然日本からの旅行者だと判断し、聞いてきませんが、もし英国在住の方でしたら受付の方に聞いてみて下さい。「同意書」に住所や氏名、サインを明記して受付を通して申請でき、あなたの支払ったVAT(消費税)はあなたが承諾した用途(その庭へ)で還元されます。

日本でも数年後に消費税増税が持ち上がっていますが、税の使い道をはっきりと示してくれればもっと消費者も納得して支払えるのですが・・・。
日本でも、庭への税金還元制度・・・そんな制度があればいいのですが・・・。

皆さんのお気持ちが素敵な庭を育てます。皆様のご協力とお気持ちに感謝申し上げます。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ