白馬コルチナイングリッシュガーデン(長野県)2012年8月 No.1

今月もここ「ホテルグリーンプラザ白馬」内に造成中の「コルチナ・イングリッシュガーデン」のメンテナンスのため、長野県白馬にやって来ました。
先月7月に訪れた時に暑さのせいと害虫に脅かされて、疲れ切っていた植物達でしたが白馬専属スタッフの皆さんのおかげで、よみがえってきました!!

Hakuba_201208_01.jpg     Hakuba_201208_02.jpg
ウォールドガーデンより             ガーデン内の柳の樹を臨む

コルチナ・イングリッシュガーデンでは8月終わり頃にプレ・オープンを控えてstatue(スタチュー=彫像)やTemple(テンプル=神殿)、ベンチが配され段々と庭らしくなってきました。
急ピッチでプレ・オープンの準備に皆さんが取り組まれ、お盆休み返上です。
この日も白馬は青い空、緑も濃く、植物達も生き生き元気で、一つ一つ庭らしくなっていく様にマークもホッとしているようです。

今日は専属ガーデナーの西田さんの登場です!!

Hakuba_201208_03.jpg     Hakuba_201208_04.jpg
バラの手入れをする専属ガーデナーの西田さん          バラ アイスバーグ

先月末にマークがメンテナンスで訪問して以来、見違えるように庭が生き生きとしてきました。幾つかの理由がありますが、その中でも専属ガーデナーの西田さんの貢献はとっても大きい要素です。西田さんは植物を育てることが大好き。特にバラに関してはスペシャリストです。また、別の理由は最近、白馬の朝晩は気温が下がり夕立も発生しています。植物にとって適度な夕立やミスト、朝晩の気温の低下は過ごしやすくイギリスの気候に似ています。日中は30℃を越すこともありますが、15時ごろからは涼しい木陰と風が吹き抜けます。   

バラの状態も大変良くなってきました。
コルチナ・イングリッシュガーデンの植物達も元気になってきましたよ~!!

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ