ザ・カッスルホテル No.2 (The Castle Hotel)

このホテルに併設しているレストランでは食事の質良く、有名シェフもアート的な料理を提供してくれることでも有名です。
ヘッドシェフであるLiam Finnegan氏を筆頭に Gary Rhodes氏とPhil Vickery氏でチームが構成され、注文した食事や味、雰囲気もよかったですよ~。
この日のディナーは楽しい一時が過ごせました。

しかも、この日は近くの有名大学の卒業パーティが催されているようで、タキシード、イブニングドレスに身を包んだ学生がおしゃれをして出かけ、そのご両親たちも滞在していました。

TheCastleHotel2012_07.jpg     TheCastleHotel2012_08.jpg
ホテル内の一角              ミュージックルームの前にある休憩場所

食事後、ホテル内を探索するとミュージックルームなるものが・・・。
バイオリニストやチェロリストが多くいらしているようです。
ここはコンサートホールになる音楽ルームでした。
そのすぐ近くに設置されている休憩室は心地よい照明とソファが置かれ、何時間でも過ごしていたい雰囲気です。

TheCastleHotel2012_09.jpg     TheCastleHotel2012_10.jpg
古くから残るお城のレンガ         こんな感じでインテリアとして活用するんですね~

このレンガ、色合いも目地も味があるんですよ~。
12世紀の頃からあまり変わっていないイギリス建築の技術に歴史を感じます。
よくイギリス人は保守的と言われますが、古い物を残して、今時にリフォームしてモダンに使っていく(生活していく)。最先端で便利(例えば携帯電話やスマートフォンで家の鍵を開閉できたり、お風呂が沸かせたり)でなくても、必要最低限で生活ができる、心や時間の優雅さが味わえて、幸せを感じます。


英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ