白馬コルチナイングリッシュガーデン(長野県) プレオープン・パーティ No.2

先日ご紹介したデザートの次はお料理です。

Pre-Opening_Party_201208_06.jpg     Pre-Opening_Party_201208_07.jpg
スコッチサーモンの瞬間燻製タルタル キャビアと共に       コルチナファームベジタブルスティック

ホテル自家菜園「コルチナ・ファーム」で採れた新鮮ベジタブルのスティックはみずみずしくて、野菜の味が一噛み一噛み味わえる一品でした。スタッフの皆さんが育てた野菜がここでも一役かっていました。過去記事はこちら→[ホテルブログ過去記事]


Pre-Opening_Party_201208_08.jpg     Pre-Opening_Party_201208_09.jpg
目の前でローストビーフを切り分けてくれます           生ハム、サラミ、ハモンは青堀シェフがサーブ担当

ハモンはスペイン産、その他のハムや生ハム、サラミはイタリア産。
さすが、青堀シェフ。スペイン産のハモンを薄く均等に切り分けてサーブしてくれます。
パーティ会場の料理を用意している時も若手シェフ達は少しの時間を見つけてはカメラを手にしたり、食い入るように青堀シェフの技術を学ぼうと必死な様子でした。
うう~ん、、、さすが若手のあこがれ青堀シェフですね!!

Pre-Opening_Party_201208_10.jpg     Pre-Opening_Party_201208_11.jpg
彩り、見た目、味、量で楽しませていただけます          ガーデン専属チームのご紹介

ガーデン専属チームの環境開発プロジェクトの方々もちょっと緊張気味だったでしょうか?これから、益々庭への期待が集まります。
デザイナーのマーク・チャップマン(Mark L Chapman)本人もマークスガーデンアートのスタッフもこの庭に関わってきた皆が、一緒に「白馬コルチナイングリッシュガーデン」が素晴らしいお庭になるように手入れをしていきます。
生長途中の庭がどんなに楽しいものか、皆さんも白馬へお出かけの際は是非ご覧下さい。宿泊されているお客様は朝一番の静かなお庭を独り占めできる可能性高いですよ。
この時期、ひんやりした早朝は写真もきれいに撮れますし、何と言っても空気が透き通っていて、素晴らしい景色と花たちが皆さまをお出迎えしてくれることでしょう!!     

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり