フォーシーズンメモリアル新座 2012年11月 No.1

フォーシーズンメモリアル新座は今年4月に植栽工事を行いましたが、約半年で庭は十分に変化し、私達を楽しませてくれました。
今年の冬前のメンテナンスを行って、ちょっと寂しくなった場所にビオラと球根を植えて、半年先の事を考えてあげましょう。

Niiza_201211_01.jpg     Niiza_201211_02.jpg
球根用の道具で穴をあけて                     その穴にビオラを植えて・・・

球根用の穴あけ道具ですが、ビオラと球根を同時に植え付けるので、大丈夫。
ビオラや一年草、どんな植物でも植えつける時は入っているビニールポットの土の位置と庭植えにする際の土の位置が変わらないように、もしくは少し深く植えつけることがポイントです。しっかり、押さえましょうね!!

Niiza_201211_03.jpg     Niiza_201211_04.jpg
これなんの球根が分かりますか?


左からチューリップ・タルダ、スイセン・テタテート、クロッカス・ピックウィックで、もう一枚の右側の画像はムスカリ・アルメニアカムとスイセンです。
花が咲く時の高さや色合いを考えて、咲いた時のバランスを考えて・・・。
チューリップのタルダは原種の一つで、1997年にはオランダで「バルブ・フラワー・オブ・ザ・イヤー」(その年もっともお薦めの球根花として認定された品種に与えられる賞)を受賞しました。

花はこんな感じ↓

Bulb_Tulipa_tarda'.JPG     Bulb_Narcissus'Tete-a-tete'.JPG
チューリップ・タルダ(インターネットより引用)              スイセン・テタテート

Bulb_Crocus'PickWick'.JPG
クロッカス・ピックウィック

う~ん、来年の春が待ち遠しいな~!!
これからが冬本番ですね!!

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ