アスチルベの育て方と手入れ方法

今回はアスチルベの育て方と手入れ方法のご紹介です。
春に花を咲かせてくれた宿根草アスチルベですが、夏が過ぎて少し気温の下がってきた頃、私達人間も「あ~、やっと過ごしやすくなってきたな~」と感じた頃に植物達も元気を取り戻し、葉っぱが生き生きしてきます。
稀に花を咲かせてくれる時もありますが、秋の花は春に比べ小さく弱々しい感じです。

Astilbe2012_05.JPG     Astilbe2012_06.JPG
2012年5月の川口市にあるマークスガーデン            花はふわふわして優しいホワイト

【学名:Astilbe cv.】
【英語流通名:Astilbe】
【日本語流通名:アスチルベ】

アスチルベはイングリッシュガーデンでは良く使われる植物でもあります。
園芸品種での作出が多く、白やピンクなどが主流のようです。葉は緑で光沢があり、密であるのに、花はふわ~ふわ~としていながらツンッとしていて、花にプライドがあるような感じ。
保湿性のある肥沃な土壌、少し明るめの日陰を好みます。


Astilbe2012_01.JPG     Astilbe2012_02.JPG
株元を束ねて                            アスチルベは株元5~8cmくらいかな?

生き生き緑の葉っぱを束ねて、株元を覗くとナメクジやダンゴ虫、その他の虫達がいます。気温が下がり、少しでも寒さをしのぐ為に虫達も葉っぱの下に隠れたりしていますが、その虫たちの中には宿根草の生存を脅かす害虫たちもいることを忘れてはいけません。

Astilbe2012_03.JPG     Astilbe2012_04.JPG

冬前の庭のお手入れは家のお掃除と同じですから、スッキリさせて害虫たちが越冬しないように葉や枯葉、ごみは取り除きましょう。この作業をやりながら、「わぁ~、ここにもナメクジ」「ここにもダンゴ虫」と思いながら、アスチルベをバッサリ剪定ばさみで手入れしていきます。
この時期、アスチルベはまだ緑葉の地域もあると思いますが、[エキナセアの育て方と手入れ方法]と同じように植物にも休息を与えてあげる時期でもあることを忘れずに!!

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ