イギリスの伝統的なクリスマスデコレーション (English Traditional Decorations)

"The Holly and the Ivy"
is an English traditional Christmas carol (song).
The holly and ivy represent are old pagan fertility symbols. Holly and ivy have been the main English Christmas decorations used in churches since at least the fifteenth and sixteenth centuries.

holly.jpg     The holly and the ivy.jpg
ホリー                          ホリーとアイビー
(上記2点インターネットより引用)

"Mistletoe"
These plants grow attached to and penetrating within the branches of a trees or shrubs through which they absorb nutrients from the host plant. In cultures across pre-Christian Europe, mistletoe was seen as a representation of male vitality and fertility. When Christianity became widespread in Europe after the 3rd century AD, the religious or mystical respect for the mistletoe plant was became part of the new religion. Later that led to the widespread custom of kissing under the mistletoe plant during the Christmas season, which dates from the 16th century in England. The mistletoe is hung up in farm-houses and kitchens at Christmas, and the young men have the privilege of kissing the girls under it, plucking each time a berry from the bush. When the berries are all plucked the privilege ceases.
The Holly, Ivy & Mistletoe are three plants that are the most prominent green plants in British native woodland during the winter, and for this reason they earned respect from the early country-dwellers and became part of their traditions.


Mistletoe-Hakuba.JPG     Mistletoe.jpg
白馬コルチナイングリッシュガーデン内の一画にあるミスルトゥ         ロンドン ポートベロー マーケットにて


"The Holly and the Ivy"は、イギリスの伝統的なクリスマスソングです。
歌われているHolly(ヒイラギ) とIvy(アイビー) は、昔の異教徒の繁栄のシンボルです。また、Holly とIvy はイギリスでは少なくとも15~16世紀から教会の中を飾るクリスマスの主要なデコレーションとして使われ続けています。

"Mistletoe" (ヤドリギ)
これらの植物は木の枝や茂みに入り込みくっつくことで、その木から養分を吸い上げて育ちます。
紀元前のヨーロッパ文化の中で、ヤドリギは男性の生命力や繁栄を指し示すものだとみなされていました。3世紀以降、キリスト教が広く世界に広まった時、そのように神聖で神秘的だと大切にされていたヤドリギの木は、新しい宗教の一部になりました。その後、クリスマスシーズンの間(イギリスでは16世紀から)、ヤドリギの下でキスをするという習慣の拡がりをもたらしました。ヤドリギは、クリスマスシーズンになると農家やキッチンにかけられ、若い男の子は枝から果実が採れる間はヤドリギの下にいる女の子にキス出来るという特権を持っていました。果実が全部摘まれてしまった時、その権限はなくなります。

柊、アイビー、そしてヤドリギの3つの植物は、イギリスの森林地帯では、冬の間の最もよく知られた緑葉植物です。このような理由から、昔のカントリーで生活する人達から大切にされ、彼らの伝統の一部になったのです。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり