冬の庭のメンテナンスに活躍する「ポットフィート(pot feet)」

皆さんは寄せ植えを作る時にポットフィートを使っていますか?
今日、ご紹介するのはポットフィート(pot feet)と言って、寄せ植えやポット(鉢)の底支えです。
鉢を直接地面に置くのではなく、ポットフィートを使って浮かせてあげます。

Pot-feet_01.JPG     Pot-feet_02.JPG

そうすることによって、冬の水遣りで直接、地面と触れているテラコッタ鉢底部分が凍結で割れないようにする、夏の暑い蒸れで風通しがよくなるなどの一工夫ができます。

鉢の大きさに合わせて、小・中の場合は3個、大の場合は4個を目安にポットフィートのサイズやデザインを選ぶとガーデニングも楽しくなりますよ~。


Photo_potfeet.jpg     Photo_potfeet_lion.jpg

弊社でも以下のポットフィートを取り扱っています。
詳しくはこちらをどうぞ→[オンラインショップ]

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり