球根 チオノドクサ (Bulb Chionodoxa)

ご紹介する秋植え春咲き球根のちょっと珍しい種類にチオノドクサという球根があります。ご存知ですか?
ムスカリのような鮮やかな青色ですが、白いストライプのおかげで薄い水色になり、群生で植えると大変優しい魅力的な球根です。


Bulbs_14_Chionodoxa.spp_01.JPG     Bulbs_15_Chionodoxa.spp_02.JPG

学名 : Chionodoxa spp.
別名 : チオノドクサ(キオノドクサ)
ファミリー : アガパンサスと同じ Asparagaceae
原産国 : クレタ島 キプロス トルコ
植付け : 秋
習性 : 暑さに弱く平地や暖地では数年で絶えてしまうことが多いようですが、寒冷地では球根がよく増えて、毎年花を咲かせてくれるようです。
植え方 : RHS(英国王立園芸協会)のアドバイスでは8cm程度は土を掘り、植えこむようにありますが、球根の3倍の深さを目安に植えつけると良いでしょう。
お勧めの植付け場所 : コテージガーデンやインフォーマルガーデン、パティオの近くやコンテナとして、映えるでしょう。また、背がさほど高くないので、ロックガーデンやバラや落葉灌木の下などもいいようですよ。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ