【Wildlife News】 鳥 (Birds)

多くの英国人は野鳥を自分たちの庭へ招き入れる事を楽しんでいます。
庭の端、少し奥まったところや人の気配が避けれる場所に鳥たちへの餌を設置したり、バードハウスを設置して、キッチンや家の中から小鳥が来て餌をつまんでいる光景を観察しています。


Wildlife_Birds_01.jpg     Wildlife_Birds_02.jpg
バードバスも質の良い物を置きましょうね~       鳥餌置き

以前、[ガーデン フィーチャー 東京-I様邸(Garden features in Tokyo)](フォーカルポイント)のお話でもご紹介したバードバスですが、質やデザインのいい物を設置することで、鳥の水飲み場と庭の中の光景を創ってくれます。
植物が育ち始めた時の緑とのバランスはとっても雰囲気が優しくなります。
英国のガーデンセンターやホームセンターでは、鳥の餌をよく売っていて英国人の自然動物に対する関心の高さ、人気を感じます。
日本ではカラスが来るからと、鳥たちへの餌付けを行う一般家庭は少ないかもしれませんが、自然を愛する英国ならではの光景ですね。

Wildlife_Birds_03.jpg     Wildlife_Birds_04.jpg
都内マンションバルコニーにて                 この日の鳥たちへのご馳走はみかん

こちらの都内マンションバルコニーでは当初ヒヨドリが現れていました。そのうち、メジロもこの場所は安全だと思ったのか、メジロが現れるようになり、オーナーの奥様はキッチンの窓から餌を突いている光景を観察できます。(飼育しているわけではありません)
しかも、カラスが来ないようにギザギザの五色ヒイラギの中に餌を隠して入れているので、小さな小鳥だけしか餌に辿り着けません。

Wildlife_Birds_05.jpgのサムネール画像     Wildlife_Birds_06.jpg
都心でも見られるメジロ                 英国で良く見かけるロビン
(鳥の画像はインターネットより引用)

カラスが多い日本ではこんな対策も野鳥を楽しむ際のヒントとなるかもしれませんね。
英国でよく見かけるロビンはクリスマス時期の愛らしい動物で英国人に愛されている人気の鳥です。
英国人からクリスマスカードをもらう方はこのロビンが印刷されているカードを見かけることありませんか?
バードバスにしても、バードテーブル(餌台)、バードフィーダーにしてもWildlife(野生動物)への少しの愛情のお裾分けをガーデンライフと共に楽しむ余裕が、忙しい生活を送っている日本の私たちにもあってもいいのではないかな~?と思う今日この頃です。
ちなみに、画像1番目のバードバスは弊社でも取り扱っています。
詳しくは[ショップ]へお問合せ下さい。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり