球根の植え付け 白馬コルチナ・イングリッシュガーデン

9月末に訪問した「白馬コルチナ・イングリッシュガーデン」では早くも球根の植え付けを行いました。
以前、日本園芸協会の「プランツ&ガーデン」の特集でもご紹介しましたが、球根にも宿根草のように扱える球根もあれば、一年草のように取り扱う球根もあります。
弊社のお客様にはお伝えしていますが、ご自分の土壌に合う球根を性質、特徴によって見つけていく、観察してくこともガーデナーの根気が必要な気がします。

Hakuba_201509_07.jpg     Hakuba_201509_08.jpg
マークの球根植え付けは早いんですよ~‼           芝生の中に埋めているものは...?

メドウガーデンにはカマシアを毎年植え付けています。
カマシアにとって、この場所は過ごしやすいようで、毎年球根も大きく育っているようです。
少しずつメドウガーデン内に、同じ種類を追加で植え付けているので、毎年のように見応えがあります。

Hakuba_201509_09.jpg     Hakuba_201509_10.jpg
メドウガーデン内のカマシア               ナチュラルガーデン内のカマシア 'ブルーメロディ'

以前、白馬コルチナ・イングリッシュガーデンで行ったレクチャーの中で「カマシアって何ですか?」と質問して下さった方がいましたが、ちょっと珍しい球根でしょうか?あまりホームセンターでは見かけませんね。この薄いブルーは球根のサイズも大変大きく、植え付けるのも一苦労。

カマシア 'ブルーメロディ'は少し濃いブルーで、通常のカマシアに比べると小さめの球根なので、植え付ける際はちょっと楽ですよ。

Hakuba_201509_11.jpg     Hakuba_201509_12.jpg
新人ガーデナーに球根のレクチャー中            植え方、掘り方について指導中のマーク

新人ガーデナーの中には球根の植え付けが初めてと言うスタッフもいます。
20代の若い男性ですが、園芸に興味を持ってくれたことに感謝‼
マークも丁寧に球根の種類について、特徴について、植え方について指導しています。

メドウガーデン内では大きなカマシアを植え付けるのに大きな穴を掘る必要があります。
力のない女性ガーデナーにとっては大きな穴掘り、植え付けは大変な作業ですが、いかに適した道具を使いこなし、自分の力を極力余らせて楽に掘るか、小さなことでもマークが指導しています。グリーンシーズン中(5月~11月)は毎月、白馬コルチナ・イングリッシュガーデンへ伺い、現地ガーデナーと相談、情報共有を行っています。
植物の育て方、手入れの仕方、仕立て方、ガーデンの次のステップへの準備、その他にもガーデナー育成を目的としていますので、毎年庭が発展するようにガーデナー達も知識や経験を私たちの訪問によって更新していけますように...。
来年の庭に球根が咲く光景を想像しながら...。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ