2016年10月アーカイブ

秋らしい寄せ植え(A pot for autumn)

10月に入り、徐々に気温が下がり始めてきましたね。
朝晩の寒暖差が出てくると市場に出回ってくる植物も秋らしい装いになり、春夏とは少し違う色合いで植物を楽しむことができます。
過ごしやすいシーズン(季節)になると、ちょっと外に出てみようかな~?ちょっとお庭をきれいにしようかな~?寄せ植えを作ってみようかな~?という気になりませんか?
大がかりではなく、「ちょっと・・・」と思う方にオススメなのが寄せ植えです。

pot_autumn_01.jpg   pot_autumn_02.jpg

クレプトランサスと斑入りビンカ(ツルニチニチソウ)    ラベンダーもこの時期から良い株が出てきます


pot_autumn_03.jpg   pot_autumn_04.jpg

もう少し寒くなるとシックな色合いのビオラやガーデンシクラメン等が増えてきますが、秋になると赤いケイトウや千日紅、トウガラシなど赤ワインのような深い赤、いわゆるバーゴンディー(burgundy)カラーが豊富に出てきます。
そんな頃になると球根を植えこんで、春先の楽しみまで準備しておけば長い期間寄せ植えとして、楽しむことができます。

pot_autumn_05.jpg   pot_autumn_06.jpg

秋にはシックな色も人気ですね。
そこにあるだけで存在感が発揮される大きなウィッチフォード鉢は、鉢だけでもインパクトがあり繊細な装飾細工も魅せたいアートの一つでもあります。真ん中にコーディライン(コルジリネ)を配置し、その周りには今の時期でも出回っているユーフォルビア'スターダスト'、トウガラシ、千日小坊、日々草が入っています。夏から秋にかけての寄せ植えで楽しめるのでは?
バラの鉢の横にはグラス系のフウチソウだけですが、秋らしさを感じます。
一種類の植物を一鉢にだけ植えこむやり方もシンプルで、ごちゃごちゃ植え込むよりもすっきりしていて、センスの良い魅せ方です。
秋の過ごしやすい時期は寄せ植え、ガーデニングを行いたくなる時期ですね。
是非、皆さんも玄関廻りやバルコニーの寄せ植え作りにトライしてみてはいかがでしょうか?
弊社ショップでは質の良い花苗をご用意しています。
アドバイスできるスタッフも揃っておりますので、是非お悩み事や配色に迷いがありましたらご相談下さいませ~‼

ハンギングバスケット用プーリー (Hanging Pulley)

最近、日本でも協会やコンテストなどの貢献でよく見かけるようになってきたハンギングバスケットですが、イギリスでは夏になると多くの個人邸や商業施設、観光地、街のいたるところでハンギングバスケットが飾られ、綺麗に景観を創っています。
英国人はハンギングバスケットをいかに上手く作れる人なのかによって、その人の好感度やポイントが上がり、特にその家の主である旦那様がガーデニング上手だったり、ハンギングバスケット作りが上手だったり、フェンスを直したり、お家の手入れを良くしている、家族の面倒をよく見ているなんて方だったら、「とっても素敵な旦那様」という風になるのです。
ちょっと極端かもしれませんが、日本でもお庭を綺麗にしているお宅、ご主人が協力的だと「あちらの旦那様はマメな方よね~‼」なんて、会話になったりしませんか?

さて、そんなハンギングバスケットにお水をあげる作業って、結構大変ですよね?
高い場所に吊るしていたりすると、梯子に上がって、水やりしたりちょっと危険なこともあるかもしれません。
そんな時に役立つ道具をマークスガーデンアート・ショップで販売しています。
ハンギングバスケット・プーリーと呼ばれるものです。

Hangingpulley_02.jpg   Hangingpulley_03.jpg

ちょっと持ち上げて、ロックを外せば簡単に降りてきて水をあげられる道具です。
水をあげ終わったら、バスケットの底を上に押し上げればロックが再度かかって、高い位置で止まってくれるという優れものです。
最大重量は9kg
弊社ショップにて販売しているプーリーは英国製。
同じものが今年リニューアルオープンした神代寺植物園の温室内にて使用されています。

Hangingpulley_01.jpg

これで、ハンギングバスケットの水やりも楽になりますよ~

お問合せは弊社「マークスガーデンアート・ショップ」まで・・・。
住所:東京都調布市小島町3-43-8 1F
TEL:042-444-1515
FAX:042-444-1542

過去記事
[ハンギングバスケット(Hanging Basket) No.1]
[ハンギングバスケット(Hanging Basket) No.2]
[ハンギングバスケット(Hanging Basket) No.3]
[ハンギングバスケット(Hanging Basket) No.4]

ショップ:「球根フェア」スタート

弊社ショップにて秋植え(春咲き)球根の販売を10月1日(土)よりスタートしています。

We started selling spring bulbs in our shop from last week.

数日前には1万球を超える球根が到着し、事務所の中は身動き取れないほどケースが沢山...。
そんな中でもスタッフ皆でカラフルな網バックに楽しく仕分け作業を行い、10月1日より販売スタートしております!
水仙は英国では定番のキングアルフレッドに加え、原種系のテタテート、リップバンウィンクル、タリア、タリアサン等を取り扱っています。

MGA_Shop_bulbs201610_01.jpg   MGA_Shop_bulbs201610_02.jpg

チューリップでは原種系+ファンシーフリルなどのフリル系や二色使いの華やかなもの、変わり種ではムスカリの白やピンク、ラテフォリューム等珍しい種も入っています!
ショップ内では球根の植え時期、鉢植え、地植え、手入れの仕方などあらゆる質問にお応えできるスタッフが揃っております。

MGA_Shop_bulbs201610_03.jpg

色、形、高さ、種類から来年の春を予想しながら、計画を立ててみませんか?
「マークスガーデンアート」のショップにてお待ちしております。
ご希望に応じて地方発送も承っておりますので、詳しくはショップへお問合せ下さい。
(※shop onlineへの掲載が遅れております。種類、金額、配送料などのお問合せはメールかお電話にて承っております)

"マークのバラA to Z" 「マチルダ (Rose Matilda)」

台風18号の威力はすごかったですね。
昨夜の東京は突然、嵐のような雨風、そして何もなかったような静けさ、また嵐・・・。台風特有の天気でしたね。
台風一過の本日は久しぶりにマークのバラA to Zの再開です。
10月に入り、秋のバラも綺麗な時期です。
皆さんもお気に入りのバラを見つけてみてはいかがでしょうか?

今日ご紹介するバラは「マチルダ」。
四季咲きで、病害虫にも強く、花弁にフリルが付いているような柔らかい、優しさのあるバラ希望の方にはお勧めの品種です。どんなバラがいいのか迷っていたり、決めかねていて、関東のように暖かい地域在住の初心者の方にはお勧めのバラです。

Rosa_'Matilda'_01.jpg

バラ マチルダ

Rosa_'Matilda'_02.jpg   Rosa_'Matilda'_03.jpg

インターネットでも購入可能ですが、弊社ではマークが厳選した丈夫で質の良い株を入手しています。「確実にこのバラを入手したい‼」と思ったお客様がいらっしゃいましたら、どうぞご遠慮なく弊社までお問合せ下さいませ。


【学名】Rosa 'Matilda'
【日本名】バラ 'マチルダ'

タイプ:ブッシュタイプ
作出:1988年 フランス A Mailland
グループ:フロリバンダ
交配:Coppelia×Nirvana
花房:四季咲き/丸弁咲き/中輪
花色:白に淡いピンク
香り:微香
サイズ:H1.3m
 

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり