ハンギングバスケット用プーリー (Hanging Pulley)

最近、日本でも協会やコンテストなどの貢献でよく見かけるようになってきたハンギングバスケットですが、イギリスでは夏になると多くの個人邸や商業施設、観光地、街のいたるところでハンギングバスケットが飾られ、綺麗に景観を創っています。
英国人はハンギングバスケットをいかに上手く作れる人なのかによって、その人の好感度やポイントが上がり、特にその家の主である旦那様がガーデニング上手だったり、ハンギングバスケット作りが上手だったり、フェンスを直したり、お家の手入れを良くしている、家族の面倒をよく見ているなんて方だったら、「とっても素敵な旦那様」という風になるのです。
ちょっと極端かもしれませんが、日本でもお庭を綺麗にしているお宅、ご主人が協力的だと「あちらの旦那様はマメな方よね~‼」なんて、会話になったりしませんか?

さて、そんなハンギングバスケットにお水をあげる作業って、結構大変ですよね?
高い場所に吊るしていたりすると、梯子に上がって、水やりしたりちょっと危険なこともあるかもしれません。
そんな時に役立つ道具をマークスガーデンアート・ショップで販売しています。
ハンギングバスケット・プーリーと呼ばれるものです。

Hangingpulley_02.jpg   Hangingpulley_03.jpg

ちょっと持ち上げて、ロックを外せば簡単に降りてきて水をあげられる道具です。
水をあげ終わったら、バスケットの底を上に押し上げればロックが再度かかって、高い位置で止まってくれるという優れものです。
最大重量は9kg
弊社ショップにて販売しているプーリーは英国製。
同じものが今年リニューアルオープンした神代寺植物園の温室内にて使用されています。

Hangingpulley_01.jpg

これで、ハンギングバスケットの水やりも楽になりますよ~

お問合せは弊社「マークスガーデンアート・ショップ」まで・・・。
住所:東京都調布市小島町3-43-8 1F
TEL:042-444-1515
FAX:042-444-1542

過去記事
[ハンギングバスケット(Hanging Basket) No.1]
[ハンギングバスケット(Hanging Basket) No.2]
[ハンギングバスケット(Hanging Basket) No.3]
[ハンギングバスケット(Hanging Basket) No.4]

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ