2017年2月アーカイブ

第19回 国際バラとガーデニングショウ コンテストガーデン

Mark has declined to be a judge at the International Rose and Gardening Show this year.
Because he has been asked to make the main garden.


今回、弊社デザイナーのマーク・チャップマンは「第19回国際バラとガーデニングショウ(5/12~17@西武プリンスドーム)」のコンテストガーデン部門の審査員を辞退致しました。
その理由についてですが、今回のメインガーデンにもなるウェルカムガーデン作庭のオファーをお受けしたためです。
昨年もシンボルガーデンの一つであった「クリスチャン・ディオール~香りの庭」を作庭し、更にコンテストガーデン部門の審査員をお引受けしておりましたが、実は関係者の方々には辞退のお願いを申し上げていました。

本来、ショウガーデンは決められた時間内に完成度の高い作品を展示し、デザイン性、機能性、感性、作庭者(デザイナー、ガーデナー)の知識、技術を審査員が評価付けするものなので、自分がショウの中で主催者側として作庭する際、コンテストガーデンを作庭しているガーデナーの作業、作庭に関わる人数、途中経過が見えているのに、その庭に評価点を付ける事は良くないと考えていました。
同じイベント会場内で、自分も皆さんから評価を受ける庭を造るために参加しているのに、他のガーデナーのお庭を審査するのはおこがましいと思うからです。
もし、デザイナー兼ガーデナーであるマークがそのショウの中で作庭に関わっていないのであれば、喜んで審査員をお引受けさせて頂きたいのですが...と申し上げていました。

Seibu_Dome_2016_16.JPG Seibu_Dome_2016_17.JPG
昨年の審査の様子                昨年マーク・チャップマン賞の作品

Seibu_Dome_2016_18.JPG Seibu_Dome_2016_19.JPG
コンテスト入賞者の作品              コンテスト入賞者の作品

と言う事で、今年のコンテストガーデンはマークが審査員ではないのですが、コンテスト参加の皆さん、西武プリンスドーム内で一緒に頑張って、各々精一杯素敵な庭を創り、イベントを盛り上げていきましょう!!
コンテストガーデンの締め切りも先週末終了したようで、今年は3種類の募集だったようです。

A:ホームガーデン(23㎡)
B:バルコニーガーデン(11㎡)
C:フロントガーデン(5㎡)

今年のコンテストガーデンはガーデニングを楽しむ暮らしをより具体的に提案してもらえるように5㎡という小さなスペースも登場。
コンテストガーデンのテーマは「ライフスタイルガーデン」。
どんなに小さなスペースでも工夫と楽しみ方で素敵な空間になるという事を伝えたいようです。
偶然にも3月中旬に弊社デザイナーのマーク・チャップマンが著者の書籍「小さなスペースをいかす美しい庭づくり」が発売されます。
こちらの本の中でも玄関前、駐車場、道路沿いなどの小さなスペースの実例やテクニックについて取り上げています。
大きな庭を造ることが多いと思われがちなマークですが、小さなお庭も沢山手掛けています。
実は大きな庭も小さな庭も基本は同じなんです!!

ブログ、フェイスブック等で未だ告知が出来ていませんが、本の出版、国際バラとガーデニングショウ、その他ニュースが続きます。
「マークスガーデンアート」のHPでご紹介していきますので、ご期待下さい!!

【お知らせ】調布ショップセールスタート (Spring SALE start)

マークスガーデンアート・ショップ(調布店)ではSpring SALE(春のセール)がスタートしました!!
春のガーデニングに向けて、欲しかったこんな商品も、あんな商品もスプリングセール対象商品になってるかも・・・?


Spring_Sale_01.jpg Spring_Sale_03.jpg


今まで、気になっていたけど行った事がなかった・・・という方がいらっしゃいましたら、是非この機会にお越し下さい。
日頃、忙しく全国を飛び回っているマークもショップにいることがあるかも???


Spring_Sale_02.jpg Spring_Sale_04.jpg


セール期間は本日より~4/29(祝・土)まで。
4/29は祝日ですが、セール最終日のためショップ調布店はオープンとなります。

Web掲載商品も一部セール対象となっておりますが、ショップ調布店のみ対応とさせていただいております。
ご了承下さい。

閉店5時_map-shop1(案内用).jpg

マンション改修工事

このブログをご覧頂いてる方の中にはマンションに住んでいて、小さいながらもバルコニー等で植物を育ててる方は多いのではないでしょうか?
私達のお客様の中にも「鉢でしか植物を育てられないの...」という方がいらっしゃいます。


Mansion_renovation_201701_01.jpg Mansion_renovation_201701_02.jpg
2016年7月頃のガーデン               こちらも10年以上収穫できるブラックベリー


11年かけてO様が丹念に育ててこられた都内のバルコニーガーデンは、都心とは思えない豊富な緑、ベリー系の植物(ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、ジューンベリー)等を植えられ、お孫さん達と季節の収穫を楽しまれたり、秋冬には紅葉し、枯葉となって落ちていく葉を眺めたり、春の新芽をこの上なく楽しまれたり、思い出の庭でした。

そんな中、マンションの改修工事が決定し、バルコニーに置いている植物等の撤去を求められたO様。
工事期間は今年の2月から5月末頃までの予定ですが、昨年中から憂鬱な日々を過ごされ、頭の中は鉢をどうするかで頭がいっぱいの中、私達に相談がありました。


Mansion_renovation_201701_03.jpg Mansion_renovation_201701_04.jpg
四角のテラコッタ鉢は亀裂が入ってました        根がびっしりの状態でした


11年を経過した庭には色々と整理をしなければいけない箇所がありました。
ドングリ(柏)の木が大好きなO様がご自分で実から発芽させて、大鉢で楽しまれていましたが、居心地よく、水やりも手入れもしっかりしてくださるO様の元、すくすくと育ち、四角型のテラコッタに植えていたところ圧がかかり、コーナーが割れてしまいました。
そんな事で、この機会にこれまでよりもちょっと大きめの丸型テラコッタ鉢に植え替えることに...。
最近、日本国内では四角型の鉢が多く見られますが、ヨーロッパでは丸型が主流。
四角型では均等に圧が分散しないことや取り出す時にちょっと厄介なので、やっぱりヨーロッパのガーデニング文化は理にかなっているんですね。(丸型の方がスムーズに引き出せます)


Mansion_renovation_201701_05.jpg Mansion_renovation_201701_06.jpg
植物も処分したり、鉢を少しずつ整理していきます    今は最小限、6月以降にリニューアル計画中


マークの提案で「大きな鉢や植え替えが難しい鉢などは台車を下に敷き、片側ずつに寄せ
て動かしながら、工事を進めることは可能ですか?」との問合せに関して、今回の施工会社さんも順応で理解のある対応をして下さいました。
という事で、改修工事が終わるまでの間、自動灌水パイプを撤去しているため、手動での水やりは大変ですが、O様のお庭もポジティブに考え、10年を機にリニューアルすることとし、6月以降に新規植物を植栽したり、新しく配置変更を行う事になりました。
小さな庭こそ、整理?大掃除?が大事です。

皆さんもマンション改修工事で「ベランダの植物をどうしよう~」と、落ち込むことなく、新しい土を入れて(植え替え)あげたり、処分をするなり、先ずは本当に必要な分だけを選別してお庭のお片付けに取り掛かってみましょう‼

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり