Cane top(ケーントップ)

これなんだかわかりますか?

cane_top_01.JPG


日本では馴染みのないこの陶器は何だか分かりますか?
草花が急に伸びる夏の時期、草丈が高い宿根草や倒れかかるグラス類を支柱で支えていますが、ガーデナー達は、がむしゃらになって草取りをしてるとふと目の前に支柱の先端があって、目の危険を感じる事があります。
「cane top(ケーントップ)」と言って、竹支柱の先端が危なくない様に取り付けるもの。
こんな可愛いケーントップが支柱の先端にあると、可愛くて暑い日のガーデニングも楽しくなっちゃいますね!!


cane_top_02.JPG  cane_top_03.JPG


自分はガーデナーであり続けたいと願うマークが園芸、植物を愛する皆さまにとって、使いやすい、育てやすい、そして可愛い、格好イイと思うものをセレクトして販売しているのがマークスガーデンアートのショップです。
今回ご紹介したサイズ以外にも少し大き目のケーントップもご用意しております。
詳しくはこちらをどうぞ[オンラインショップ]

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり