2018年3月アーカイブ

【お知らせ】講演会:ぐんまフラワーパーク

講演会のお知らせです。
以下の日程で、群馬県前橋市にて講演会を予定しています。
マークの講演会当日は『ぐんま花の日2018赤城山・裾野の春まつり及びチューリップフェスタ』開催2日目となりチューリップも例年満開を迎える時期になるようです。
ゴールデンウィーク前ですが、季節の良いこの時期にご家族で遊びにいらっしゃいませんか?

日時:4月22日(日)10:30〜12:00
※講演時間は60分、質疑応答+書籍販売サイン会30分
テーマー:宿根草と低木で手軽にできる
『小さなスペースをいかす美しい庭づくり』

場所:カネコ種苗ぐんまフラワーパーク(アクセス)
   ※4月1日より、ネーミングライツにより、パークのニックネームが変わります
   パーク内「とんがりテント」イベント用大型テント(正面ゲート入って直ぐ右手)
   以下マップ参照

Map_Gunmaflowerpark_201803.jpg
ぐんまフラワーパーク園内マップ

講演料:無料 但し入園料大人700円、中学生まで無料(4月1日~6月30日の期間) 

【お知らせ】講演会:マーク・チャップマン流 自分らしいおもてなしの庭づくり

講演会のお知らせです。
以下の日程で、長野県長野市にて講演会を予定しています。
オープンガーデンが盛んな長野県は地域をあげての街づくりや景観を大切にしている方が多いように思います。
20数年前に日本に来日し、長野県に住んでいたことで多くの方々に親切にしてもらい、助けていただいた思い出の地でもあります。

日時:4月14日(土)開演15:00~16:45
場所:ホテル長野メトロポリタン(JR長野駅前)
タイトル:マーク・チャップマン流 自分らしいおもてなしの庭づくり
~白馬コルチナ・イングリッシュガーデン
聴講料:2,500円(OGS会員)
    3,000円(一般参加)

OGS・春の集いチラシ改訂1カラーイメージ.jpg

現在、白馬コルチナ・イングリッシュガーデンで庭づくりを始め、年々良くなっていく庭をどのような苦労と楽しみで庭づくりを行なっているのか?また、そんなマークの経験や知識の中、皆さんの自宅での庭づくりに活かせてもらえるのか?などのお話を盛り込んでお話する予定です。
ご興味のある方はオープンガーデンオブ信州事務局までお問合せ下さい。

Opengardenofshinsyu_01.JPG Opengardenofshinsyu_02.JPG

参考書:「宿根草と低木で気軽にできる 小さなスペースをいかす美しい庭づくり」(家の光協会)

MarksBook_cover_0220_2.jpgのサムネール画像

1mの環境相違で育ちの違い

Even the same plants planted a short distance part can differ in how they grow!!

真冬のメンテナンスでは様々なことに気づきます。都心のマンションのバルコニーで、植物と植物に囲まれた2つのブルーベリー(同タイプ品種違い)が1m離れただけで、育ちの違う兆候を魅せてます!

Blueberry_01.jpg Blueberry_02.jpg

上記2つの画像をご覧下さい。
真ん中がブルーベリーですが、緑のまま少しの紅葉で葉が残ってます。

Blueberry_03.jpg Blueberry_04.jpg

が、もう一方は全て落ちています。なぜだか分かりますか?
ブルーベリーは通常、落葉なので緑葉のまま残る事は珍しいのですが、五色ヒイラギとソヨゴにしっかり囲まれた(守られた)一つ目の画像で見受けられる環境はシェルターとなっています。
それが、その一部空間だけ冷たい風から守られて気温の低下を防ぎ、緑葉のまま残ったのでしょう。もう片方もシェルターでソヨゴとオリーブに囲まれていますが、オリーブは五色ヒイラギほど大きくなく、西陽も入っています。

1mだけ離れて、似た様な環境なのに、こんなにも顕著に育ちの違いを魅せるんですね...。こう言った事が何かあった時の問題解決に繋がります!
もし、今年の夏に片方だけ実のなり方が悪かったら、こう言った事も原因かもしれません。
植物ってどこか悪くて、陽が足りないとか水が欲しい(逆に欲しくない)など何かに嫌がっていても文句を言わないし、数日間、数週間、数ヶ月間我慢して葉を落としたり、黄色くなったり兆候を出し始めます。
ガーデナーは経験と考える力で無口な植物達を元気よくハッピーにしてあげたいなぁ~と思った発見でした!

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ