Customer's voices(お客様の声)の最近のブログ記事

18~19世紀に貴族の館として英国で見られた建築様式ジョージアン建築(Georgian Architecture)。
O様は、東京でジョージアン・ロンドンハウスをご自宅として建てられました。

弊社ではこちらのお宅のフロントガーデン=玄関先の庭のデザインと施工をさせて頂きました。
細部までこだわりしつらえたO様のお宅を見て、お話をさせて頂いて、
マークは、
「外から眺めた時だけでなく、家の中から外を眺めた時に、もっと"英国、ロンドン"を感じてほしい」
と思い、お庭をイメージしていきました。

イギリス人は、オープン(公共)スペース(空間)とプライベート(私的)スペースを使い分ける事を大事にします。
また、玄関は来客を招き入れる場所、見た目やお手入れで住んでいる方を想像させる重要な場所。

マナーハウス(貴族の館)にふさわしい英国らしさと、マークの基本ポリシー、シンプル・イズ・ベストが反映された、
すっきりと魅せるガーデンデザインがテーマとなりました。

現在は、ガーデニング経験が浅く植物の選択や手入れに自信がないというO様のご要望で、
メンテナンスもさせて頂いています。

庭が完成してからインタビューをさせて頂いた今年2014年6月の時点で約1年。
「庭のある生活」についてインタビューさせて頂きました。


===============================================


【Q(宮崎)】
庭創りをマークにご依頼頂いたきっかけを改めて教えて頂けますか?

【O様】
一番大きなきっかけは主人がイギリス好きだということでしょうか。
ともかく「○○もどき」とか「○○っぽいもの」が嫌で、
本物・正統なもので、庭を含め、家を造っていきたかったというのがありますね。
自宅は英国邸宅として作ったのですが、建築会社さんから
「それなら庭はマークさんに頼んだらどうか」と紹介されました。

【Q(宮崎)】
ありがとうございます。
マークにご依頼頂いて、実際に庭が出来て暮らしの中で変わったことや、
お庭が出来たことを実感する瞬間はありますか?

【O様】
家に帰ってきた時に、しげしげと自分の家を眺めて、建物と植物とが1つになっているのを見て
「本当に主人が思い描いている家ができたな」と。

それは、天気がいいとか関係なくて、外灯に照らし出されたトピアリーを見てもそう思うし。
家に帰ってきた時、犬の散歩から帰ってきた時もそう感じます。

実は、この家が建つまでにすごく時間がかかったんですね。
長い間更地になっていて、近所でも「ここはどうなるんだろう?」と思われていたみたいで。
その内にだんだん家が建って、そして「今度は緑が入るようだ」ということになり。

近所の間でも「どうなっていくんだろう」と関心を持たれていたので、
緑がある今の形になって「いつも綺麗に手入れされてますね~。すごく楽しみにしてますよ~」
などと言われると、やはり嬉しいです。

みんな庭に興味があるんだな~と感じますね。

手入れに関しては自分も主人も何も分からないので、手入れしやすいものを考えて選んでくださっていますよね。


▼フロントガーデン全景。

英国 ジョージアン・タウン・ハウス、フロントガーデン


【Q(宮崎)】
私たちが施工に伺った時も、近所の方から声をかけられました。ガーデナーにとっても嬉しい瞬間なんですよ。
施工させて頂いたガーデンスペースの中で「特にここが気に入っている」という箇所はありますか?

【O様】
私にとっては全部です。
トピアリー(フェイジョア)も最初はオリーブを希望していましたが、なかなか見つからない中、
「こういうのはどうでしょう? ああいうのはどうでしょう?」と色々ご提案頂いたのは心強かったし、
その中で選んで頂いたものは、最初は葉っぱが落ちてしまったりと心配もありましたが、
(庭ができて)1年経った今、すごく元気になって、思い通りの玄関ができているし。

ボックスウッドも、うちの場合は玄関沿いのフロントに植えて、景観もいいですし。

そもそもフロントガーデンのアイデア全てがマークさんのもので、今のような形はわたし達では思いつかなかったので、いろんなものを数多く見ているマークさんならでは、だと。



▼O様お気に入りの、リビングルームの窓から玄関側の通りを眺めた景色。室内から眺めるとジョージアン・タウン・ハウスの建築と窓越しにボックスウッドの緑とトピアリーが目に入るその風景がとても気に入っているそう。

英国 ジョージアン・タウン・ハウス、フロントガーデン



【O様】
また、バックガーデン(裏庭)では、台所仕事をしていてふとダイニングルームのカーテンを開けて見ると、近隣の家との境をしっかりと区切って、プライベート空間が創られていて、そこに植物で彩られている景色がパッと見えて...。ここも家の中で本当に好きな場所です。


▼6月のメンテナンスでは、ニチニチソウ、ペチュニア、アンゲロニアなど夏から秋に楽しめる花を植えました。

英国ジョージアン・タウン・ハウス、フロントガーデン、フェイジョア

▼トピアリーのフェイジョアも花を咲かせていました。綺麗ですね~。

英国ジョージアン・タウン・ハウス、フロントガーデン、フェイジョア




【Q(宮崎)】
ところで、マークは結構職人肌的なところがあって口数が少ないところがありますが、
O様から見たマークの印象を教えて頂けますか?

【O様】
マークさんは、ともかく「スペシャリスト」。
風向き、日の当たり方を見て「こういうのが一番いい」といったものに間違いがない。
私はお話している中では、とっつきにくいという印象は全くないです。

【Q(宮崎)】
マークの日本語は大丈夫でしょうか?

【O様】
全く大丈夫です。マークさん日本語お上手ですよ!

【Q(宮崎)】
良かったです(笑)。


▼去年11月メンテナンス時の寄せ植えは、ウィンターコスモスと少し変わった色合いのビオラ。春のお楽しみとして忍ばせた球根も気に入って下さいました。
上の写真(2014年6月)と比べるとトピアリーが育っているのが分かります。そんな植物の成長を見守る楽しさも、庭を持ったことで発見して下さった様子のO様です。

英国ジョージアン・タウン・ハウス、フロントガーデン、寄せ植え、ウィンターコス<br />
モス

▼今年2014年11月のメンテナンスでは、ハツユキカズラ、ビオラ、ウィンターコスモスで寄せ植えを創りました。庭全体のトーンは統一されていますが、細部により表情が変わります。

O-9.jpg




【Q(宮崎)】
では最後に、弊社のサービスについてご要望があれば教えてください。

【O様】
メンテナンスについて、その時期により枯れた後はどうすればいいのか、
ご相談するタイミングによっては、メンテナンス前に先に花が枯れてしまったりということもあるかもしれないと少し悩む時があります。
ご相談のタイミングはどうしたら良いでしょう?

【Q(宮崎)】
メンテナンスは春・秋の年2回を大体の目安として考えて頂ければと思います。
O様の場合は、連絡を頂くときに写真をつけて下さいますよね。
毎月行っている現場ではその時々で状況が分かるのですが、
半年空くとその時に最適なメンテナンスは一度現場に行って庭の様子を見ないとなかなか難しいことがあるので、
写真を送って下さるのは参考になっています。

私たちからもメンテナンスの時期になると、お庭の状況を確認するために「どうですか?」というご連絡を差し上げています。

【O様】
分かりました。
以前、雪が沢山降った時や風がすごい時に「(植物が)倒れてませんか?」とすぐ連絡下さったので
そういったところはとても心強く思っています。

【Q(宮崎)】
ありがとうございます。
バックガーデンにある山ぼうしは常緑なので、雪が上に乗ってしまっていたと思うのですが、
枝が折れたりしませんでしたか?

【O様】
折れはしなかったのですが、かなり倒れこんでいて、雪を払いのけました。
あと、風が強かった時に玄関先のフェイジョアが傾いちゃったんです。
でも、それも球根を植えに来て下さった時に直して下さいましたよね。

【Q(宮崎)】
フェイジョア(トピアリー)は、支えと支柱が持てないんですよね。
根っこが張ってもっとがっしりしてくると安定するのですが、
あまりに根っこがぎっしり入り過ぎると、寄せ植えにする球根が入らないのでバランスが重要なんです。
トピアリーなどは、台風など緊急事態の時は一時的倒れないように軽くヒモで括るのも一つの手ですよ。
あとは、1年通して消毒と水やりなどの日々のお手入れを行って頂ければ、
順調にお庭は生長していくと思います。

【O様】
そうなんですね、1年過ぎていろんな気候を経験したので、引き続きよろしくお願いします。

【Q(宮崎)】
こちらこそ宜しくお願いします。
今日はインタビューに答えて頂いてありがとうございました!


===============================================


建築も英国スタイルにこだわったO様。建築だけでなく、お庭を楽しむ生活を初めて得られるもの。
― 窓から見る景色、プライベート空間の確保、オープンスペースの確保、ゲストのお出迎え、
ご近所さんとのお付き合い、季節を楽しむ余裕。
夢と希望が実現したお宅と庭で、これからももっともっと、
英国風の楽しいライフスタイルの発見をして頂きたいと思っています。


▼O様邸のフロントガーデン植栽とメンテナンスの模様、ダイジェスト of ダイジェスト!▼
O-5.jpgO-6.JPG
■写真左:植栽工事前のO様邸。■写真右:ボックスウッドの葉の重なり合ったり奥の部分などは、葉が枯れて緑葉が無くなっている箇所もあります。そんなところも丁寧に剪定ばさみで仕上げを行います。地道な作業で美しい庭が創られます。


O-7.JPGO-8.jpg
■写真左:植栽工事第1弾終了時。ボックスウッドが入っただけでも印象が変わりました。■写真右:季節の花の寄せ植えで、グリーンが中心のガーデンでもさまざまな彩りや雰囲気を楽しめます。


===============================================


例えばリビングに面したガーデンスペースがない、という方でも、
こうして家と外壁との狭い空間と玄関先に緑をセンス良く配置することで、
自分だけのガーデンを楽しんで頂けます。

お庭を楽しむライフスタイルやセンスには、お金では得ることのできない心の豊かさがあります。
庭創りをきっかけに、日常の中に癒しの時間・空間を取り入れてほしい、
これがマークとスタッフ一同の願いです。



▼O様のお庭ができるまで。以前のブログで詳しくご紹介しています。
お庭づくりの参考にどうぞ!
ジョージアン・ロンドンハウスの植栽工事 No.1 (2013年5月)
ジョージアン・ロンドンハウスの植栽工事 No.2 (2013年5月)
2013年6月のメンテナンス「初夏の寄せ植え」 (2014年6月)


▼マークが創る庭の住み心地:お客さまインタビュー Vol.1
「建売住宅の庭を"自分らしい庭"に」編

マーク・チャップマンが提案する「庭のある生活 - Garden Life Style」。
その幸せを知って頂きたく日々邁進していますが、創ったガーデンと毎日過ごしているのは、もちろんお客様さまです。
そこで、マークがデザイン・施工した個人邸ガーデンのお客さまに、メンテナンスに伺った4月のある日、改めて「マイ・ガーデン」についてお話を伺いました。

植物がある暮らしを楽しんでいる方の声を聞いて、もし、ご自身の庭ももっと素敵にしたい、自分の庭を創りたい、毎日を豊かにしたい、など思われたら、考え方やセンスが気になるガーデナーに一度相談してみると良いと思いますよ!

==============================================
■「分譲住宅の画一的な庭ではなく「自分らしい・自分の庭」を創りたい」。
ガーデニングの考え方に共感したマークのもとへ

1_全景候補2_re.jpg
埼玉県所沢市に一軒家をお持ちのS様。アートに関心があり、ピアノも演奏されるそうです。
園芸のWEBサイトを通じてマークを知り、マークのガーデニングに対する考えに共感。
分譲住宅の場合、購入時点ですでに業者さんにお仕着せによって好みでない植物が植えられている庭も多いですが、S様は「お仕着せの庭」ではなく「自分らしい庭」にしたいと、ガーデンデザイン・施工をご依頼いただきました。

■「″自分の庭″が出来て、植物の見方・感じ方、愛おしさが変わった」
庭が出来て何か日々の暮らしに変化がありましたか?という質問に「(生活)全部が変わった!」とお答えになったS様。念願のマイ・ガーデンが出来てから、「外にいる時間が増え、植物の見方や植物への愛おしさが大きく変わった」「散歩に行かなくても、雨の日でも、花があって、部屋から植物を眺められて、窓を開けるだけで寛げる。外出してお金を払わなくても、くつろげる空間が自分のものであることに幸せを感じます」と。近所の人も「きれいなお花ね~」などと声をかけてくれるようになったそうです。

ガーデンデザインは、S様の暮らしぶり、庭に対する夢や希望、庭に入れたい植物など、色々とお話やご希望を伺った上でマークがデザインを提案する形で進みました。


■一番お気に入りのポイントは「部屋から眺められることと、その景色」
2_お気に入りの箇所候補_re.jpg
一番気に入っている点は「部屋から眺められることと、その眺め。家の中にいてもガーデンを楽しめることと、そこからの眺め」だそうです。上の写真↑がS様お気に入りのガーデンの景色の1つ。「季節・時期ごとに、その時々の庭や植物を楽しめます」。色合い、コントラスト、自分では出来なかっただろうとつくづく思った、と仰ってくださいました。

マークがガーデンデザインを考える時、一方向から眺める景色ではなく、いくつもの角度から庭を眺めることを考えます。S様のお庭は、外から見ると庭は駐車場の奥に、部屋から見るとリビングルームからの横目線上、キッチンから見ると真正面に配置されています。方向的には2方向ですが、リビングでソファに座って庭を見る時の高さ、キッチンに立って眺める高さなど、考慮すべき点が多くあります。S様の毎日の中で多く目に入る庭の眺め、それぞれの位置からの景色を考えて高低差や色合いを植物でデザインしました。


■マークのポリシー「シンプル・イズ・ベスト」が垣間見れる自作のポット
3_花クロースアップ_re.jpg
S様いわく、「マークさんが仕上げてくれた色合いなど、素人とプロによる庭創り・庭しごとの違いはすぐ分かります。たまに、色がうるさい庭や空白が空いている庭を見かけますが、「自分でやっていたら、こんな風にガチャガチャした庭になっていただろうな~」と思うことがあるそうです。また、庭が出来て植物が植えられると(植物は当然)生き物なのでどんどん生長・変化していきます。メンテナンスも弊社でやらせて頂いていますが、「自分では分からないことや、優柔不断で決められそうにない事などを、丁寧にフォローやメンテナンスで補ってもらえる」と仰って下さいました。

実はこちらのチューリップは、お庭の完成からしばらくしてS様ご自身が購入し植えたものなのですが、いつもメンテナンスの際にマークがアドバイスさせて頂いている「ポットには沢山の植物を詰め込もうせず、1種類の植物を植えた方がすっきり見えることもあるよ」という言葉を忠実に守って下さっていることに、私たちの気持ちが通じたようで感激したのでした。


■植物・庭の生長を楽しみながら気長に待って出来た、癒しのガーデンの一角
4_お庭の一角候補2_re.jpg
見て下さい!この元気良く伸びている蕾‼ 後ろにはテイカカヅラも蕾を沢山つけていました。テイカカヅラはご主人の好きな和室への陽射しの差し込みが強いため、陽射しを和らげるため、そして人目を気にせずに室内で寛ぎながらお庭を楽しんで頂けるようにデザインされました。撮影当時の4月はまだ蕾でしたが、数日後には沢山の開花を楽しんでいらっしゃたことでしょう。
植栽当初は少し背が低くて物足りないな~と思っても、そこは植物の生長を気長に待ってあげて下さい!植物の生長と共に少しずつ形を変えていく庭、その生長・変化も楽しんで頂いたおかげで、今では愛しいガーデン一角としても、そして、陽射しよけ・人目よけとしても、立派に成長し元気と癒しを与えてくれています。


追加写真_re.jpg(こちらの写真↑は7月初めに弊社スタッフがメンテナンスに伺った際に撮影した庭。 メンテナンス直後はややすっきりした印象の庭も、自然体に魅せる手法で剪定や誘引を行ったことで元気に・綺麗に生育し、庭のそこかしこでS様だけでなくご近所さんたちをも魅了してくれています。日頃からのS様のお手入れのおかげでサルビアやアメリカアジサイ'アナベル'も綺麗に開花し、庭が順調に育っているのがわかります。しっかりと手入れをしてあげる事は植物達の美しく健やかな生長のキーポイントなんですよ~‼)


4年目のお付き合いとなるS様、嬉しいお言葉ばかりを頂き感激しきりですが、ところで肝心のマークはS様にはどう見えているのでしょう?そこで...、

■「マークの印象」についても伺ってみました!
S様から見たマークは、「職人肌のように見えるが、植物や色合いに関しては繊細でアーティスティック。話してみるととてもユーモアがあって、違った印象」。スタッフからすると「ご名答!」ですが...これを読んで下さっている方の印象はどうでしょう?実際にマークに会って確かめてみて下さい!

実は最初「全部英語で話さないといけないのでは?」と不安だったというS様。日本人スタッフ(私、宮崎です)が同行して安心したそうです。来日して10年以上になるマークは日本語OKなんですよ!ただし、庭や植物の話で、乗ってきたり、専門的な話をするときはついつい早口、英語になるマークなので通訳をしています。

==============================================
メンテナンスなどでお話しすることは数多くありましたが、改めて普段どうやってお庭と過ごしているかを伺うのは初めてで恥ずかしい気持ちもありましたが、心からお庭に満足して頂いていることを知り、この仕事をしてきて良かったな~と実感しました。お客様に寄り添う庭創りを目指す私達には、貴重な機会でもありました。S様、ありがとうございます!

会社名のブリティッシュクリエイティブデザイン設立10周年、ガーデン創りをArt(芸術)として考え、代表のマーク・チャップマンから「庭のある生活 - Garden Life Style」を伝えたいとのことで「マークス ガーデン アート」というブランドが立ち上がりました。

弊社サイト施工例ページから、他のお客さまのお庭もご覧になれます。
そして、今後もマークが創るお客さまのお庭・お客さまの声をクローズアップしてお伝えしていく予定です。
次回をお楽しみに!

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり