Garden Work(庭仕事)の最近のブログ記事

小さなスペースこそデザインが必要‼︎

A small garden designed by Mark in September 2018.
昨年9月に植栽工事を行った千葉県のT様。
自身所有の賃貸物件に住まわれる方々が心地よく、そしてご自身の土地を愛しているから、植物と愛情を持って接しているマークなら大切に自身の想いと同じように土地の事、庭の事を考えてくれるだろう...との思いで、デザイン、植栽施工、管理をご依頼下さいました。
芝生を敷きたい、藤、モッコウバラを這わせたいなどご希望があり、小さな庭でも可能な限りお客様の希望を叶えられる様、マークも思考を凝らしてデザインを提出。


Ichikawa_T_201810_01.jpg

2018年10月に植栽工事を行いました。(↑河合さん登場)

芝生を敷く場合の工事中や工事直後は見た目、汚れていますがこの後、ぐんぐん生長が始まると綺麗な緑になっていきます。
Ichikawa_T_201810_02.jpg

T様もこの日の植栽のために下準備で頑張ってくれました!!
大手住宅メーカーが建築工事を終了した後、植栽域にはガラや栄養の残っていないような土壌を準備され、植栽は建築会社に任せず、お庭の専門家マークにご依頼。
通常、工事をよくご存じでない方々は庭づくりのために土壌がどれだけ大事なものかを存じていない場合があります。
しかし、こちらのT様は土壌がどれだけ大事であるかをご存知でした。しかし、どう改良して良いものか...そんな時にはデザイン、施工、管理を依頼して下さっているお客様にはコンサルタントとしてアドバイスを行っています。
現地調査にて土壌改良を提案し、T様はご自身で夏場の暑い最中、ご準備を着々と進めて下さいました。
この作業をご自身でできるか、業者に頼むのか、もちろん無理のないように業者に頼るところは頼って頂きたい部分です。
費用を掛けたくない箇所ではありますが、一番大事なところで、肥沃な土壌の準備は基本中の基本です。

Ichikawa_T_201905_01.jpg
今年、初めての春を迎えました!
日頃の雑草取りや水遣り、手入れはお客様にお願いしています。
それでもプロの私達から見て、株と株の間に生えている雑草だったり、この時期に剪定をしてスッキリ見せる作業だったり、マニュアルでは表現できない技術をお客様と共にお手入れしています。

Ichikawa_T_201905_02.jpg

小さなスペースでは植物の育つ過程で、長寿系か短命系かで、引き算や手入れ方法のノウハウが必要になります。大きなスペースとは違うスキルが必要とされます!

Ichikawa_T_201905_03.jpg

小さなスペースこそ、デザインが必要と言えますね!
このお庭だけでも、小さなスペース、小さなお庭の本が書けるくらい色んな要件が詰まったお庭です。
お客様の笑顔が私たちマークスガーデンアートの糧になります!
いつも頼って頂き、ありがとうございます😊

リハビリセラピーガーデン

Hospital patients enjoy the flowers in rehabilitation therapy garden.

茨城県結城市にある結城病院でメンテナンス。
リハビリセラピーガーデンでは麦わら帽子👒を被った患者さんが歩行練習をしたり、療法士さん同行の元、少しづつ歩行可能距離を伸ばしたり、車椅子に乗って散策している光景を見かけます。
この暑さではなかなか、そんな訳にはいかないかもしれませんが、真夏の8月でもカラーリーフや綺麗に手入れされたガーデンは気持ちの良いものです。

Rehabilitation-therapy-Garden_201808_01.JPG   Rehabilitation-therapy-Garden_201808_02.JPG

私達が作業中も陽気に話し掛けてくれ、「これはギボウシね!」「これは何の花?」など会話が始まります。
訪問時にはやらなきゃいけない事は山ほどあり、メンテナンス作業は尽きませんが、色んな方々との会話も庭の中での楽しみの一つです!

Rehabilitation-therapy-Garden_201808_03.JPG   Rehabilitation-therapy-Garden_201808_04.JPG

木陰の下にはアジサイアナベルが8月でも咲いています。
日陰の方が少し花持ちが良くて、ベンチで腰かけて涼むのもいいですね‼
植木鉢の草花にはリハビリの一環で患者さんがお水をあげてくれています。

Rehabilitation-therapy-Garden_201808_05.JPG   Rehabilitation-therapy-Garden_201808_06.JPG

こちらのエリアではカラーリーフを主にしています。
個人邸ではない場所ではなかなか、手入れをしてくれる方はいません。
花もいつも咲いてててほしいものですが、そんな簡単なことでもありません。
特に夏が暑い日本ではカラーリーフで庭を彩る、構成することは無理をしない庭づくりの秘訣でもあります。

【真夏のリニューアル】

We just finished a garden renewal.

台風が過ぎ去った後にまたもう一つ...。
またもや気が抜けないお天気が続きますね!しっかりと台風対策をして乗り越えましょうね!

さて、私たちはガレージ上にある屋上緑化的なガーデンのリニューアルを行いました。

Y_201807_01.JPG   Y_201807_02.JPG

乱れていたコニファーや育ちの悪くなっていたバラ、ニューサイランなどを抜いて、整地を行います。
そのあとに土壌を改良。
ここまでの作業が真夏の作業にとっては、本当にきついんですよ‼

Y_201807_03.JPG   Y_201807_04.JPG
土壌に埋まっていた根やごみを取り出します        綺麗に整理して植え込みの準備を行います

これをクリアランスと言います。
残すものと整理するものと、はっきり区分けを行います。

Y_201808_01.JPG   Y_201808_02.JPG

別の日に植込みを行ない、朽ちていたパーゴラの一部を修正して、灌水パイプを設置して終了。
雑草が生えてどうしていいか、分からない様子だった空きポットを使用して寄せ植えを作って作業完了。
植栽ではイングリッシュローズ好きのオーナー様と話合って、植栽したいバラ、そのバラに合う植物を提案・選択して、肥料、消毒、誘引など相談にはお応えできる体制をマークスガーデンアートでは整えています。
予定より小さな植物であっても、オーナー様は生長を待ってくださいます。
これが、商業施設と個人邸の植栽の違いかもしれませんね...。

Y_201808_03.JPG   Y_201808_04.JPG

真夏の重労働作業は本当に大変なんですが、とっても親切なお客様、私たちを気遣ってくれ、喜んで頂けるお客様に出会えると私たちも楽しくて、一緒にこのお庭を育んでいきたい気持ちでHappyになります!
秋には球根を植えて、更にお庭を楽しんで頂ける様に私たちマークスガーデンアートからご提案する予定です!


メンテナンスで庭は甦る・・・Oven's 植栽してから

先日、フェイスブックでもご紹介しましたが、神奈川県逗子市にある「パンと焼き菓子の店オーブンズ」のメンテナンスに行ってきました。
植栽工事が2014年2月。それから年に1,2度メンテナンスに伺ってましたが、あれから4年。心配だったオリーブも元気に育っています。
施主のオーナーさんから「オリーブがモサモサに育ちすぎて、どこを剪定していいか分からない...。」とSOSを頂いてました。
スケジュールが立て込んでいる上に、雨天や他のお仕事との調整で急に頂いた連絡に対応ができず、お待たせしてしまいましたが、ようやくメンテナンスへ伺う事ができ、マークの手に掛かるとこんなにスッキリ。

Oven's_201807_01_Before_201806.JPG  Oven's_201807_02_After_201807.JPG

オーナーさんからの希望は「店内の窓から透けて見えるくらいがいいな~」とのご要望に

Oven's_201807_03.JPG  Oven's_201807_04.JPG  

こんな感じになりました。
アジサイは未だ花が咲いていましたが、そろそろ終わり頃。オーナーへは「いつ頃剪定すると良いですよ。その時はこの辺の位置ですよ...」などご説明しながら剪定し、その枝を飾って頂けるようにお渡ししました。
そうしたところ、上記のようなフラワーバースに入れてくれて、センス良く飾って下さいました。
ガーデンからのHappyのおすそ分け。Garden Life styleへも結びつきますね。

Oven's_201807_06.JPG  Oven's_201807_05.JPG

ガーデンは南向きですが、アジサイもアガパンサスも7月後半まで咲いていました。
あれだけ暑い日が続いたのに、ガーデンの花たちはみんな頑張っています。
日頃のお手入れ、例えば水遣りや雑草取り、枯れた一年草などの変更はオーブンズさんにお任せしていますが、ご自分が良いと思って入れた植物も育ってみたり、時間が経つと「あれっ?ちょっと違う。でもどうすればよいやら...?」というSOSをよく受けます。
マークはこの日『この場所にハギはバランスが悪いね~』と思ったそう。でも、ちょうど花も咲いていましたし、これからの秋に向けて移動させたり、抜いたりするのは可哀想...という事でそのままに。
これもマークなりのオーナーさんとお花へのリスペクトなのかな~?なんて思いながら、手入れを終えた宮崎でした。

マンション改修工事後のリニューアル

今年の1月に[マンション改修工事]で既存ポットや植物の整理を行ったO様。
6月に改修工事が終了し、10年を迎えたバルコニーガーデンに新規でポットが加わったり、ポットを鉢増ししたり、植え替えたりリニューアルを行いました。


Mansion_renovation_201707_01.jpg Mansion_renovation_201707_02.jpg

1月に整理したバルコニーは殺風景で、O様にとっては寂しい毎日。
以前も自動灌水パイプを設置していましたが、改修工事中は手動での水遣り。
徐々に水遣りも大変になってくる春先から、マークと共にどのようにリニューアルするか、灌水パイプを設置するかを検討していました。
先ずは思い出のオークの樹を植え替えて、今まで台車に乗っていた鉢を男性3人がかりで下ろし、その後は新たにソヨゴやローズマリー、オリーブ、プリベット、ピットスポラム等カラーリーフの楽しい植物を植え込みました。


Mansion_renovation_201707_03.jpg

リノベーション7月時点

O様は日頃から気になった植物の写真を撮って下さっています。
そのおかげでリニューアルや植え替えなど一新する時には私達にお好みの植物を伝えて下さるので、容易に意思疎通ができます。
日頃から散歩道や通りでもお気に入り植物を見かけたら、どんな花が咲いて、葉の色、形、落葉、常緑など調べておくことも理想のお庭に近づくヒントとも言えますね‼

「趣味の園芸」TV放送 ガーデンマスター企画のお庭

先月放送のNHK「趣味の園芸」にてガーデンマスターとして登場した弊社デザイナーのマーク・チャップマンですが、その番組では15分程度の放送だったので、もう少し詳しくリニューアルしたお庭をご紹介します。
撮影では「趣味の範囲で可能なリニューアル」「予算20万円以内で憧れのイングリッシュガーデンを...」と言う課題。
初めてU邸に伺った際は「水はけが悪く、シャガがはびこってしまったお庭。好きでバラを育てているけど、その他の植物が育たない」「以前、山崩れの心配があって建てられた鉄筋フェンスとコンクリートの見栄えが悪く、困っている」というお悩み。

早速、マークの現地調査で粘土質で石も多い土壌、植物の整理、手入れができていないとの事でアイデア出しが始まりました。

その予算範囲と可能な条件でできる提案がこちらのスケッチです。

Shumi-en_2017_03.jpg Shumi-en_2017_02.jpg 
2017年3月末に伺ったリニューアル前の状態       提案イメージのスケッチ

その後、マークの提案する植物とアイデアにOKを頂き準備がスタート。
5月後半に予定されていた撮影で、無駄なく皆が動くために、事前に水はけが悪いと判断した土壌の改良では一度土を掘り起こし、腐葉土と軽石を混ぜ、天地返しを行い、石やごみを取り除きました。

Shumi-en_2017_06.jpg Shumi-en_2017_04.jpg 
一度土を掘り起こし天地返しを行います         シャガ等の植物の整理から始めます 

Shumi-en_2017_05.jpg Shumi-en_2017_08.jpg
整理したシャガを部屋に飾って...   軽石や腐葉土を混ぜてすき込む土壌改良作業   

その他、マークが見栄えの悪い鉄筋フェンスの前に木製フェンスを留め具で取り付け、DIYでも施工可能な簡単ブロック「ウォールブロック(Z型)」をコンクリートボンドで固定し積み上げていきます。
こちらの「ウォールブロック(Z型)」は[弊社オンラインショッピング]で購入可能です。


Shumi-en_2017_09.jpg Shumi-en_2017_07.jpg
フェンス設置中のマーク              ウォールブロックをコンクリートボンドで積上げ中

Shumi-en_2017_10.jpg Shumi-en_2017_11.jpg
ご依頼者Uさんと三上さんにもお手伝い頂いて...


最終撮影前の状態ですが、お天気にも恵まれ、「趣味の園芸」プレゼンター、園芸王子こと三上真史さんと施主のUさんと最後の仕上げで残りの植栽を行いました。
カメラが回っている時はゆっくり、説明も兼ねて撮影するため、作業も時間がかかります。
カメラが回っていないところでは、お手伝いスタッフも皆で作業を進めます。


Shumi-en_2017_12.jpg Shumi-en_2017_13.jpg
弊社オンラインショップで販売中の踏み石      出来上がりの庭で三上真史さんとマーク一同で

奥の庭へもアクセスするので、踏み石を敷いて雨の日でも泥が跳ねないように、防草シートの上は見栄え良く化粧砂利、木製フェンスにはUさんの今まで育てていたバラとマークお勧めのバラを追加しました。
小さなスペースでも四季を感じられるように、春にはバラやシモツケ、夏にはクランベリーの花、ブルーベリーの実、秋にはクランベリーの実、紅葉、冬にはクリスマスローズなど。
また、ガスメーターを隠す計画でマサキ、鉄筋フェンスの柱を見たくないので、お義母様の好きなコニファーを同系色で配置しています。
コンクリート部分には思い切って、人工芝を使いテーブル&チェアーのセットが置けるように配置しました。
季節の花物で寄せ植えも作りました。
放送ではカットされている部分も多いのですが、デザイナーは一つの空間を造るにあたって、色々な意味があって多くの事を計算しています。
庭づくりに関するマークの想いは、少しの時間(15分程度)で語りつくせませんが、ほんのちょっとでもご紹介いただき皆様にご覧いただけたことで、益々造園に対する理解が深まって頂けたかな?と思います。
ご依頼者のU様ご家族がHappyな毎日が過ごせますように!!

マンション改修工事

このブログをご覧頂いてる方の中にはマンションに住んでいて、小さいながらもバルコニー等で植物を育ててる方は多いのではないでしょうか?
私達のお客様の中にも「鉢でしか植物を育てられないの...」という方がいらっしゃいます。


Mansion_renovation_201701_01.jpg Mansion_renovation_201701_02.jpg
2016年7月頃のガーデン               こちらも10年以上収穫できるブラックベリー


11年かけてO様が丹念に育ててこられた都内のバルコニーガーデンは、都心とは思えない豊富な緑、ベリー系の植物(ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、ジューンベリー)等を植えられ、お孫さん達と季節の収穫を楽しまれたり、秋冬には紅葉し、枯葉となって落ちていく葉を眺めたり、春の新芽をこの上なく楽しまれたり、思い出の庭でした。

そんな中、マンションの改修工事が決定し、バルコニーに置いている植物等の撤去を求められたO様。
工事期間は今年の2月から5月末頃までの予定ですが、昨年中から憂鬱な日々を過ごされ、頭の中は鉢をどうするかで頭がいっぱいの中、私達に相談がありました。


Mansion_renovation_201701_03.jpg Mansion_renovation_201701_04.jpg
四角のテラコッタ鉢は亀裂が入ってました        根がびっしりの状態でした


11年を経過した庭には色々と整理をしなければいけない箇所がありました。
ドングリ(柏)の木が大好きなO様がご自分で実から発芽させて、大鉢で楽しまれていましたが、居心地よく、水やりも手入れもしっかりしてくださるO様の元、すくすくと育ち、四角型のテラコッタに植えていたところ圧がかかり、コーナーが割れてしまいました。
そんな事で、この機会にこれまでよりもちょっと大きめの丸型テラコッタ鉢に植え替えることに...。
最近、日本国内では四角型の鉢が多く見られますが、ヨーロッパでは丸型が主流。
四角型では均等に圧が分散しないことや取り出す時にちょっと厄介なので、やっぱりヨーロッパのガーデニング文化は理にかなっているんですね。(丸型の方がスムーズに引き出せます)


Mansion_renovation_201701_05.jpg Mansion_renovation_201701_06.jpg
植物も処分したり、鉢を少しずつ整理していきます    今は最小限、6月以降にリニューアル計画中


マークの提案で「大きな鉢や植え替えが難しい鉢などは台車を下に敷き、片側ずつに寄せ
て動かしながら、工事を進めることは可能ですか?」との問合せに関して、今回の施工会社さんも順応で理解のある対応をして下さいました。
という事で、改修工事が終わるまでの間、自動灌水パイプを撤去しているため、手動での水やりは大変ですが、O様のお庭もポジティブに考え、10年を機にリニューアルすることとし、6月以降に新規植物を植栽したり、新しく配置変更を行う事になりました。
小さな庭こそ、整理?大掃除?が大事です。

皆さんもマンション改修工事で「ベランダの植物をどうしよう~」と、落ち込むことなく、新しい土を入れて(植え替え)あげたり、処分をするなり、先ずは本当に必要な分だけを選別してお庭のお片付けに取り掛かってみましょう‼

川口メモリアル和楽邸

埼玉県川口市に先月末、弊社が監修・施工した霊園[川口メモリアル和楽邸]が開園しました。
メインとなるエントランス(入口)には一段上がったraised bed(レイズドベッド)と呼ばれる花壇を配置し、墓域には常緑である匍匐性コニファーを植栽、緑で覆われたプライベート空間を第一に考え設計しております。
Blog_2010_11_16_001
raised bed(レイズドベッド)=一段高い花壇

ガーデナー兼ガーデンデザイナーであるマーク・チャップマンはイングランド育ちのイングランド人。
英国(英国だけではなく欧風といった方がよいのかもしれませんが...)では霊園、墓地ではジョギングをしたり、ベンチに座って読書をしたり、散歩をしたり、故人を想うスタイルが少し日本とは違う気がします。綺麗に管理された霊園ではシーズン毎に季節の草花が彩り、メンテナンスされた芝生がありと落ち着く空間になっています。
Blog_2010_11_16_002

マークは母国でそんな霊園を見てきているから、大好きな日本でも居心地の良い植物で囲まれた空間、自分ができる限りの素敵な空間を提案したいと常に考えています。
日本の植物をいかに活かして見せてあげられるか、いかに植物の良さをわかってもらえるかetc毎日がチャレンジです。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ