Fire Place(暖炉)

暖炉のあるお家・・・憧れますよね~?
最近こそ、日本の家屋や洋風建築で暖炉のある家が増えてきましたが、イギリスでは何百年も前から使用していた建物を残しリフォームしながら暮らしていくため、昔は使っていた暖炉を現在は使ってなくてもインテリアの一部として残す家庭が多く、家の外から眺めると煙突が今でも残っている家が多いんですよ。

Fire_Place_01.jpg












英国のレストラン内ですが、とある一席の横にも・・・
以前は使用していた形跡があり、灰も残っています。
パーティなどの人数が集まる時などはこちらのテーブルを配置換えして、暖炉を灯すようです。
     

Fire_Place_02.jpgのサムネイル画像




















ホテルのラウンジにも・・・
レザーのちょっとした腰掛があります。


Fire_Place_03.jpg


















ザ・プリンス軽井沢のロビーには地元浅間石を使用した暖炉がお客様をおもてなししてくれます

Fire_Place_04.jpg


















焚き火用の薪も常に常備
地元産の石を使うのも地産地消で良いアイデアですね。

Fire_Place_05.jpg














こちらは英国、一般家庭の暖炉です。
昔ながらのコテージに住むオーナーは暖炉をそのまま残して、生活しています。
冬に遊びに行くといつも暖かな暖炉の周りは家族や飼い猫が集まる特等席です。


Fire_Place_06.jpg


















夜は電気を消し、暖炉の炎で静かに過ごすこちらの家庭では家族の時間をとても大切にします。


週末は夕食後、お母さんもキッチンでの作業を終え、子供達もお父さんも暖炉の周りに集まります。
テレビやビデオを観て一緒に過ごし、観終わった後、その映画についての感想を述べたり、会話を楽しみ、子供達の個性や話に耳を傾ける大切な時間を過ごします。


Fire_Place_07.jpg
















夏は暖炉を使用しないので、その周りには観葉植物などグリーンを配置して、インテリアの一部として利用します。




暖炉の横には以前[アンティーク:骨董品 (Antique) No.5]でご紹介したトースティング・フォークも飾っていたりします。     

Fire_Place_08.jpg






















最近の暖炉はガスが主流となっているので、ガラス張りになっていて、リモコンで火の調整が出来ます。
実際には薪で暖を取る家庭は少なくなってきていますが、それでも必ずと言ってよいほど各家に存在するこのファイヤープレイスが家族の集まり場所でもありますね!!
日本の囲炉裏の様な感じでしょうか?


クリスマス気分の高まるこの時期は特に暖炉、fire placeは家族の集まる団欒の場所なのです。

Christmas Cracker(クリスマス・クラッカー)

イギリスには日本の皆さんには「えっ?」と思う習慣があります。
その一つがディナー‼
日本の英語教育では'dinner(ディナー)'という言葉は「夕食」と習った方が多いと思いますが、英国内の北と南でそのディナーの使い方が変わってきます。英国の北部でDinnerはその日一日の一番大きな食事を表すため、昼食だったり、夕食だったり使い方が会話の中で変わってきます。
これは、英国文化、そして英語をよく理解してきた頃に分かってくることなので、初心で英国に触れた外国人は「えっ?なんで、昼のランチなのに夕食の話してるの?」と思ってしまう所ですが、実は北と南でtea(ティー)の使い方も違うんです。
別の機会にteaについて述べますが、Christmas Day(クリスマス当日)のディナーは家族全員が揃い、英国特有のクラッカーを引っ張り合って家庭内で楽しくディナーを頂きます。
そのディナーが始まる前にテーブルセッティング‼

X'mas_Crackers_02.JPG  X'mas_Crackers_01.JPG
テーブルも子供たち向けクリスマス仕様に変更       弊社ショップで販売中のクラッカー

料理で忙しいお母さん達のためにテーブルセッティングは子供でも旦那様でも手の空いている人が担当します。子供がいる家庭ではきらびやかで豪華と言うよりは、少し子供仕様のテーブルセッティングですね。
その時にクラッカーも準備します。

X'mas_Crackers_03.JPG  X'mas_Crackers_04.JPG
隣の席の子と引っ張り合います             王冠の形をした紙のかぶりもの

そして、子供たちは食事が運ばれてくる前にこのクラッカーを鳴らしたくて、引っ張りたくて仕方なく待ちきれないのです。中には王冠の形をした紙ハットやおもちゃ、プラスティックの文房具、なぞなぞ等が入っていて、彼らは大人も子供も老人もこの食事会の時にこのハットをかぶり、食事を頂きます。
この紙ハットはKing's paper hatと呼ばれ、王様の王冠を紙で作ったものなんです。

X'mas_Crackers_05.JPG  X'mas_Crackers_06.JPG
クラッカーの中身はこんな感じ             中にはなぞなぞも入ってます

クラッカーの中身は子供たちが喜びそうなおもちゃだったり、子供たちが分かるレベルのなぞなぞが入っています。クラッカーを選ぶ時には箱の裏におおよそ、どんなものが入っているかなど写真付きで紹介されていたり、適年齢が入ってたりするので、そのパーティ事に選べます。これが、大人の女子会クリスマスパーティだったりするとちょっと豪快なおもちゃ?(景品と言った方が良いのでしょうか?)が入っていたりします。
なぞなぞも大人用に少し難しかったり・・・。

X'mas_Crackers_07.JPG
紙ハットの歴史と紙王冠

ちなみにこの[クリスマスクラッカー]は弊社ショップ・オンラインショップにて販売しています。

《ショップ情報》
マークスガーデンアート
東京都調布市小島町3-43-8 1F
TEL:042(444)1515

《オンラインショップ》

リンゴドクガ

今年は酷暑と言われるほど暑かった日本列島ですが、お庭にも多々影響が出ていた様です。
暑くて庭に出れなかったせいか、雑草取りが追いついてなく、ボサボサになって蒸れていたり、変なカビや虫がいたり...。
そんなお庭の一画で綺麗な色の毛虫を発見!

Ringodokuga_201811_01.JPG












黄色の毛に赤い角😈
「これは!」と思って調べると「リンゴドクガ」と言う、不気味な虫!
毒のない蛾でしたが...成虫はモンスター!気持ち悪い‼
でも、綺麗な黄色。

Ringodokuga_201811_02.jpg
こちらの画像はインターネットより引用














皆さんのお庭は大丈夫ですか?
暖かい日に見つけたこのリンゴドクガですが、今週末のように寒くなると葉の後ろに隠れたり、枯葉の中に潜り込んでひっそりと寒さをしのいでいたりする可能性があります。
成虫になって、飛び立つ時にはこんな気持ち悪いモンスター蛾になるんですよ!


現在、私達マークスガーデンアートのスタッフは各お庭の手入れで、大忙しです。
お庭に潜むこんな害虫も、枯葉もきれいに取り除きます。一年間彩りを与えてくれたお庭に休息を与えて、次の春を迎えるための球根の植え込み、一年草などの植え替え、剪定など一年に一度は皆さんのお庭にも大掃除が必要ですね!

【臨時休業のお知らせ】

誠に勝手ながら、以下の日程でショップ臨時休業とさせて頂きます。
何かとご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

Shop_close_201811.jpg

ガーデナーの愛用品 剪定はさみ(Secateurs) フェルコ11

ガーデナー一人、一人には愛用品が必ずあって、使いやすい腰道具とかお気に入りの道具があります‼
英国ロンドンでの勤務時代、ボスがプレゼントしてくれたホルダーとフェルコの剪定ハサミは宮崎の愛用品です。
切れ味が悪くなったら研いで、オイルで拭いて手入れを行ってきました。

FELCO11_01.JPG




女性の場合は握力もなく手のひらも小さいので、なかなか私と同じ「フェルコ11」は使いこなせないかもしれませんが、フェルコは女性用もありますので、重量やハンドルの広がり、ばね、力の入れ方がスムーズかどうかなどお気に入りを探してみて下さい。
(宮崎は女性ですが、握力も手のひらも肩幅も大きい方なんですよ...背は小っちゃい方なんですが...笑)


細かな植物の花柄取りからバラのような枝の剪定も難なくこなせます。


FELCO11_02.JPG








この時はタイムの整理を行っていました。
ロックガーデン内は植物が生長して、足を踏む場所も気を付けながら岩場と空きスペースを利用するので、ニーパッドも欠かせません。
「フェルコ11」は弊社[オンラインショップ]でも購入可能です。

[ガーデナーの愛用品 ニーパッド]

[ガーデナーの愛用品 ガーデニング・グローブ Gloves]

[ガーデナーの愛用品 剪定はさみ(Secateurs) ジョセフ・ベントレー]

[冬のバラ メンテナンス]

アンティーク色のアジサイ

今年は9月から長雨の続く秋ですね。
弊社代表デザイナーのマーク・チャップマンがデザイン・施工・管理を行っている長野県白馬の「白馬コルチナ・イングリッシュガーデン」でもあっという間に秋の気配が進んでいます。

Hakuba_Hydrangea_201809_01.JPGのサムネイル画像










こちらは今年9月に訪問の際に撮影したアジサイです。鮮やかな深い青色のアジサイは一際、目を惹きました。
寒暖差の激しい白馬のような地域、さらに標高の高いガーデンでは特に素敵な青が発色されているようで、ガーデン訪問のお客様から「素敵な色ね~」と歓声が上がります。

Hakuba_Hydrangea_201810_03.JPGのサムネイル画像












こちらは同じアジサイですが、今月の10月に撮影しました。既に秋の紅葉らしき色が始まりました。夏には鮮やかな深みを帯びた青が、少しアンティーク色に変化した気がします。皆さんはどちらがお好みですか?

Hakuba_Hydrangea_201810_01.JPG








ガーデン入口の階段を上るとウォールドガーデンが始まります。
その壁際に植わっているアジサイは2色の色が共存しています。
一株にピンク系と青系。こちらの株は花柄摘みをして何度か返り咲きしているので、花房は小さめですが、色味はまだしっかりしていますね‼
東京近郊では6月頃咲くアジサイが、白馬に来ると10月にも咲いている...。不思議な光景です。

Hakuba_Hydrangea_201810_02.JPG












こちらのアジサイも階段上のウォールドガーデン手前のアジサイです。
ここ昨今、母の日のプレゼントではアジサイが人気になり、あらゆる種類が出ています。
9月にもマジカルシリーズのアジサイが市場では出荷され、都内の花屋さんに並んでいましたよ。




アジサイにも山アジサイ、アメリカアジサイ、つる性アジサイ、カシワバアジサイなどいろんな種類があるので、剪定方法はそれぞれ違います。今回ご紹介したアジサイは以下の学名ですので、皆さんが育てられているアジサイはどんな種類なのか、しっかり見極めてお手入れしてあげて下さいね‼
素敵な庭づくりは手入れを知ることから始まります!!

学名:Hydrangea macrophylla
日本流通名:アジサイ、西洋アジサイ、普通のアジサイなど

球根を植えよう!!

We started selling spring bulbs in our shop.

弊社ショップにも秋植え(春咲き)球根が入荷しました‼
オンラインショップでも一部購入可能ですので、遠方の方は是非ご利用下さい。
マークスガーデンアート[オンラインショップ]

昨年の球根から春の咲き具合や球根の品質を覚えておいて、今年の入荷を吟味します。
球根が春の音連れを知らせてくれると、「楽しいな~」と庭に出るのが楽しみになります。
ムスカリ一つとっても色んな種類があるんですよ‼

Bulbs_2017_02.JPGのサムネイル画像  Bulbs_2017_03.JPGのサムネイル画像
ムスカリ ラティフォリウム          ムスカリ アルメニアカム

濃い青の上にアルメニアカムの青がのっているラティフォリウムという種類は葉も通常のムスカリと違って、つるッとした感じのチューリップに似た葉です。

Bulbs_2017_01.JPGのサムネイル画像
ムスカリ マウントフット

頭にちょこっと白味がかかった帽子が乗ってるかのようなムスカリは珍しくて可愛いですね‼


Bulbs_2017_05.JPG  Bulbs_2017_04.JPG 
チューリップ メリーウィドウ         チューリップ 品種名不明(お客様自身で購入のため)

チューリップはムスカリに比べると少し後(暖かくなったのを確認して)から咲いてきます。
色んな種類があって、本当に毎年迷うのがこのチューリップなんですよね~‼


Bulbs_2017_06.JPG
チューリップ ファンシーフリル

マークも日本園芸協会発行の会員冊子で球根について、執筆依頼を受けた時にもこのチューリップはオススメの品種でした。ピンクのパステルカラーは春、うきうきしますね!


Bulbs_2017_11.JPG
チューリップ 品種名不明(お客様自身で購入のため)

かつてオランダが貿易で栄えていた頃、お金持ちの間では見たことのない植物を手に入れることが一つのステータスとなり、生産者達は新しい品種づくりに躍起になっていた時代がありました。
その頃、チューリップ一つの価格が家一軒をも購入できる価格に跳ね上がった事もあります。
それだけ、チューリップは人を魅了してきた植物の一つだったのでしょうね。


Bulbs_2017_07.JPG
スイセン テタテータ

Bulbs_2017_10.JPG
スイセン

スイセンは花期も長くパッとした目立つ黄色は乾燥した日本の冬に彩りを与えてくれます。
水はけがよく、土壌があっていて球根たちもその場所を好めば、宿根草化しやすい球根です。
小さい丈なので、テタテートは小さなお庭の方々にはオススメです。


Bulbs_2017_08.JPG
クロッカス ピックウィック

紫と白、雌しべのオレンジが人目を引きつけてじっくりと覗きたくなるような不思議な植物ですね。


Bulbs_2017_09.JPG
ミニアイリス ハーモニー

小さなアイリスは「Dwarf Iris(小びとアイリス)」とも呼ばれます。
こちらも小さな花壇、小さな鉢などのコンテナにオススメの球根ですよ‼


Bulbs_2017_10.JPG
大型花房のスイセンは英国内の至る所で見かけます

どのような球根も一粒だけではなく、沢山植えてみて下さい。
同じ種類を沢山植えることによって、インパクトが出て目を惹きますよ‼
球根で素敵な春の空間づくりを目指してくださいね‼
ショップでは多彩な球根を販売しています。
お近くの方は是非、ショップにてお買い求め下さい。

《ショップ情報》
マークスガーデンアート
オンラインショップ:https://www.marksgardenart.com/
〒182-0026東京都調布市小島町3-43-8 1F
TEL:042-444-1515 FAX:042-444-1542

リハビリセラピーガーデン

Hospital patients enjoy the flowers in rehabilitation therapy garden.

茨城県結城市にある結城病院でメンテナンス。
リハビリセラピーガーデンでは麦わら帽子👒を被った患者さんが歩行練習をしたり、療法士さん同行の元、少しづつ歩行可能距離を伸ばしたり、車椅子に乗って散策している光景を見かけます。
この暑さではなかなか、そんな訳にはいかないかもしれませんが、真夏の8月でもカラーリーフや綺麗に手入れされたガーデンは気持ちの良いものです。

Rehabilitation-therapy-Garden_201808_01.JPG   Rehabilitation-therapy-Garden_201808_02.JPG

私達が作業中も陽気に話し掛けてくれ、「これはギボウシね!」「これは何の花?」など会話が始まります。
訪問時にはやらなきゃいけない事は山ほどあり、メンテナンス作業は尽きませんが、色んな方々との会話も庭の中での楽しみの一つです!

Rehabilitation-therapy-Garden_201808_03.JPG   Rehabilitation-therapy-Garden_201808_04.JPG

木陰の下にはアジサイアナベルが8月でも咲いています。
日陰の方が少し花持ちが良くて、ベンチで腰かけて涼むのもいいですね‼
植木鉢の草花にはリハビリの一環で患者さんがお水をあげてくれています。

Rehabilitation-therapy-Garden_201808_05.JPG   Rehabilitation-therapy-Garden_201808_06.JPG

こちらのエリアではカラーリーフを主にしています。
個人邸ではない場所ではなかなか、手入れをしてくれる方はいません。
花もいつも咲いてててほしいものですが、そんな簡単なことでもありません。
特に夏が暑い日本ではカラーリーフで庭を彩る、構成することは無理をしない庭づくりの秘訣でもあります。

【真夏のリニューアル】

We just finished a garden renewal.

台風が過ぎ去った後にまたもう一つ...。
またもや気が抜けないお天気が続きますね!しっかりと台風対策をして乗り越えましょうね!

さて、私たちはガレージ上にある屋上緑化的なガーデンのリニューアルを行いました。

Y_201807_01.JPG   Y_201807_02.JPG

乱れていたコニファーや育ちの悪くなっていたバラ、ニューサイランなどを抜いて、整地を行います。
そのあとに土壌を改良。
ここまでの作業が真夏の作業にとっては、本当にきついんですよ‼

Y_201807_03.JPG   Y_201807_04.JPG
土壌に埋まっていた根やごみを取り出します        綺麗に整理して植え込みの準備を行います

これをクリアランスと言います。
残すものと整理するものと、はっきり区分けを行います。

Y_201808_01.JPG   Y_201808_02.JPG

別の日に植込みを行ない、朽ちていたパーゴラの一部を修正して、灌水パイプを設置して終了。
雑草が生えてどうしていいか、分からない様子だった空きポットを使用して寄せ植えを作って作業完了。
植栽ではイングリッシュローズ好きのオーナー様と話合って、植栽したいバラ、そのバラに合う植物を提案・選択して、肥料、消毒、誘引など相談にはお応えできる体制をマークスガーデンアートでは整えています。
予定より小さな植物であっても、オーナー様は生長を待ってくださいます。
これが、商業施設と個人邸の植栽の違いかもしれませんね...。

Y_201808_03.JPG   Y_201808_04.JPG

真夏の重労働作業は本当に大変なんですが、とっても親切なお客様、私たちを気遣ってくれ、喜んで頂けるお客様に出会えると私たちも楽しくて、一緒にこのお庭を育んでいきたい気持ちでHappyになります!
秋には球根を植えて、更にお庭を楽しんで頂ける様に私たちマークスガーデンアートからご提案する予定です!


メンテナンスで庭は甦る・・・Oven's 植栽してから

先日、フェイスブックでもご紹介しましたが、神奈川県逗子市にある「パンと焼き菓子の店オーブンズ」のメンテナンスに行ってきました。
植栽工事が2014年2月。それから年に1,2度メンテナンスに伺ってましたが、あれから4年。心配だったオリーブも元気に育っています。
施主のオーナーさんから「オリーブがモサモサに育ちすぎて、どこを剪定していいか分からない...。」とSOSを頂いてました。
スケジュールが立て込んでいる上に、雨天や他のお仕事との調整で急に頂いた連絡に対応ができず、お待たせしてしまいましたが、ようやくメンテナンスへ伺う事ができ、マークの手に掛かるとこんなにスッキリ。

Oven's_201807_01_Before_201806.JPG  Oven's_201807_02_After_201807.JPG

オーナーさんからの希望は「店内の窓から透けて見えるくらいがいいな~」とのご要望に

Oven's_201807_03.JPG  Oven's_201807_04.JPG  

こんな感じになりました。
アジサイは未だ花が咲いていましたが、そろそろ終わり頃。オーナーへは「いつ頃剪定すると良いですよ。その時はこの辺の位置ですよ...」などご説明しながら剪定し、その枝を飾って頂けるようにお渡ししました。
そうしたところ、上記のようなフラワーバースに入れてくれて、センス良く飾って下さいました。
ガーデンからのHappyのおすそ分け。Garden Life styleへも結びつきますね。

Oven's_201807_06.JPG  Oven's_201807_05.JPG

ガーデンは南向きですが、アジサイもアガパンサスも7月後半まで咲いていました。
あれだけ暑い日が続いたのに、ガーデンの花たちはみんな頑張っています。
日頃のお手入れ、例えば水遣りや雑草取り、枯れた一年草などの変更はオーブンズさんにお任せしていますが、ご自分が良いと思って入れた植物も育ってみたり、時間が経つと「あれっ?ちょっと違う。でもどうすればよいやら...?」というSOSをよく受けます。
マークはこの日『この場所にハギはバランスが悪いね~』と思ったそう。でも、ちょうど花も咲いていましたし、これからの秋に向けて移動させたり、抜いたりするのは可哀想...という事でそのままに。
これもマークなりのオーナーさんとお花へのリスペクトなのかな~?なんて思いながら、手入れを終えた宮崎でした。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ