Life work(日常の暮らし)の最近のブログ記事

千葉県 S様邸植栽3年半後の春

2016年12月に施工した千葉県S邸

その後、2019年の5月(約2年半経過)にはこんな感じにお庭が生長しました。
定期的にメンテナンスに入っていますが、お庭はメンテナンス次第です。

お金をかけて造成しても手入れをしなければ、無駄な投資になってしまいます。
お庭の手入れができないのであれば最初からできる事、できない事をデザインに組み込む事、デザイナーに伝える事です。

Chiba_S_201905_01.jpg

植物たちも少しずつ生長して、落ち着いてきました。
ラベンダーが大好きな奥様は倒れてきたら、弊社オンラインショップでも販売している[ガーデンフープ支柱]をしたり、まめに雑草とりをしたり、手入れを行ってくれます。

Chiba_S_201905_05.JPG

分からない時は「どうしましょう?」「どうしたらいいですか?」と問合せしてくれます。

Chiba_S_201905_02.jpg

こちらの建築は東急ホームズさん。
大手ハウスメーカーの場合はお抱えの外構設計士やその下請け造園業社さんが入っていますが、S様はガーデンデザインはマークに・・・と決めてご依頼下さいました。ガーデン、エクステリア、建築は各々を観察するのではなく全体を見なくてはいけません。東急ホームズさんの外構デザインを活かしつつ、マークからお客様へ外構設計に関するアドバイス→東急ホームズさんにお伝えし施工。ガーデン内の樹木についてはお客様のご要望とマークのデザインから東急ホームズさんの協力会社様が植え込みを行いました。コンクリートは東急ホームズさんですが、ガーデン内のハード素材(石材、踏石、アーチ)は弊社よりご支給させていただきました。もちろん、植物は弊社施工。2階から見ると↑こんな感じ。

Chiba_S_201905_03.jpg

この2種類のバラはS様が当初から育てていたバラです。
優しいピンクと白が鉢植えの時より年々、蕾を多く付けてくれ、今年はこんな感じの花が咲きました。

愛犬アリスも素敵なバラのアーチ越しに登場です。

Chiba_S_201905_04.jpg

いつも私達がメンテナンスで伺うときは待ち構えて、愛嬌を振りまいてくれるアリスですが、いつも私達の作業中は邪魔にならないようにお家の中で待機。
お庭で遊びたいのに、お家の中からずっと覗いています。
休憩時間とメンテナンス終了後だけ大好きなマークと遊んでもらえます。
運動量のあるジャックラッセルテリアは英国犬種。

何となく、同じ故郷のにおいがするのかしら?大喜びではしゃぎまくるアリスもマークに遊んでもらいたそうにつぶらな瞳で見つめ続けます。
弊社では庭のある生活を提案しています。
ペットも私達の生活を素敵に変化させてくれるかけがえのない家族、生き物です。
イギリス犬種である「ジャックラッセルテリア」goodsも少しですが販売しています。
ワンちゃんグッズをお探しの方は弊社オンラインショップもご利用下さいませ。

[オンラインショップ・Other Goods 雑貨その他]

[東急ホームズ Quality Life]

新品種?千葉県産 いちごやよい姫🍓

We could enjoy tasty strawberries while doing maintenance in Chiba.

千葉県のS様邸では、いつもマークのメンテナンスを楽しみにして下さっており、お客様も一緒になって手入れをしてくれます。
植物の葉が病気の兆候を示していたり、枯れてしまったり、これからの季節どんな事に注意して頂くか、一緒にお庭の相談をしながら見守っています。
この日も一緒にメンテナンスをしてくれながら、途中途中でお茶を入れて下さり、ご近所のいちご農家さんへ🍓をわざわざ買いに行って下さって、ランチのデザートに頂きました!
もぎたてfresh、しかも大きくて甘いんです‼️「やよい姫」と言う品種で、ボリューム満点!

Chiba_S_Yayoihime_201905_01.jpg

いつも親切にご対応いただいてる上に地元産の新鮮な🍓を頬張らせていただいております😋
見て下さい、私の口以上の大きさ・・・。
一かぶりでは終わらない大きさなのに、すっごく甘いんです!!

Chiba_S_Yayoihime_201905_02.jpg

未だ気持ちの良い季節ですが、風が心地よく作業を楽しめるこの季節・・・。でも、少し体力を消耗する暑さの時は本当に果物の甘さや水分がスッーと身体に浸みわたっていきますね。

さ~、お庭に少しずつ咲きだしてくる植物達が心地よく過ごしていけるように頑張るぞ~‼

Chiba_S_Yayoihime_201905_03.jpg

カメリアがバラに見える?

This photo is of Mark standing next to Camellia sasanqua.
The flowers look very similar to a rose.
2019年初の箱根でのメンテナンスは快晴です!
そんな中、専属ガーデナーの山本さんと談笑中に「マークさんがカメリア(椿)の前に立つと何でかな~?カメリアがバラに見えるのは私だけですか~?」
と言われて、カメリアの方を見てみると「あれっ?本当だ!この時期に箱根じゃ未だバラ咲いてないよね〜?」って私までが見間違え。

Hakone_201904_01.jpg

学名:Camellia sasanqua
日本流通名:寒椿

は日本国内でもよく見かける植物ですが、 こちらの寒椿は英国の国花であるバラのような花びらですね。
マークに無理を言って、「マーク...ちょっとカメリアの前に立って剪定ばさみ持って、カメリアを見ててくれない?」
とお願いしたところ、不思議な顔、怪訝そうにしながらも私達の要望に応えてくれたマーク...。
どうですか?バラに見えませんか?

マークのDIY 棚作り編(Mark's DIY / Making a shelf)

Mark has been busy doing DIY.
Making a display shelf this time!

MGA_Shop_DIY_201904_01.JPG

小さくても大きくても0(ゼロ)からコツコツと作り上げていくのが、マーク・チャップマン。
マークのDIY術には常にびっくり‼️させられます。
ショップ内にディスプレイ中のアンティークの家具の上にもっとディスプレイ棚が欲しいな...と感じたマーク。
バックヤードで木材を切断したり、寸法を測ったり、やすりで削ったり、ニスを塗ったり、そして出来上がった棚にはアンティークや商品を鮮やかに魅せる為、照明も付けてくれました!

MGA_Shop_DIY_201904_02.JPG

造園(庭づくり)にも終わりがなく、完成はありません。日常生活の中でも見た目、機能性、実用性など修正箇所があれば、室内でも屋外でも自分の手で直せるものは直していく彼だからこそ、庭づくりにも同じことが言えるのかもしれませんね。
DIYでも庭づくりでも失敗してもチャレンジし続けること。
それが納得のいく物づくりなんでしょうね。

MGA_Shop_DIY_201904_03.JPG

庭時間 (Garden Time)

今週に入りずっと雨が続き台風も近づいています。
皆さんのお庭や植木鉢なども台風の被害に備えて、早めに養生してくださいね。
私達マークスガーデンアートのスタッフも剪定や移植作業、植栽工事、新しい案件での打合せなど大変忙しい時期に入りました。
そんな中、高中木の剪定、メンテナンスで東京都内の個人邸に伺いました。

Pruning_201710_01.JPG  Pruning_201710_02.jpg
剪定作業中のマーク                   休憩中の贅沢なお茶時間

以前もご紹介したこちらのお庭はマークが10年以上も前にデザインをして、年に1回程度だけ私達が剪定や誘引に伺っている場所です。
午前中、小雨の降る中の作業でしたが午後からは晴れの予報。
雨の日の作業は脚立や高いところに登るには足を滑らせたり、危険も伴います。
雨の降る量にもよりますが、作業ができると判断した日は慎重に...でも通常のペースで作業をこなさないと日暮れが早いので、暗くなって終わりません。

Pruning_201710_03.jpg  Pruning_201710_04.JPG
剪定したオリーブの実が付いた枝を飾って         雨の日や夕暮れ時にはライトを灯して

こちらのお宅ではガレージを庭のスペースにして庭時間を楽しまれています。
ガレージでも外の屋根が付いていない部分は車のタイヤが通る部分だけコンクリートにして、それ以外は土の部分を残しています。車を運転しなくなった今となっては植物が植えられ、更に屋根の付いた部分はセンスある椅子やランプ、化粧砂利を配して雨の日でも過ごせる空間に変更。
実はこの化粧砂利弊社[ショップ]でも販売しています。
色合いがとてもよく、どんな場面でも活躍してくれるお勧め商品です。

Pruning_201710_05.JPG  Pruning_201710_06.JPG
晴れた日はパラソルの下でティータイム     特徴ある鉢にはシンプルなアイビーで...

高価なウィッチフォードの鉢は職人の手仕事が光る一品ですね。
こういった1鉢だけでインパクトのあるオーナメントは飾っておくだけでもOKですが、シンプルにアイビーだけを植えてもよいですね。
晴れた日にはこのテーブルセットでお茶をご馳走になりますが、お庭だけでなくガーデン家具もマークからの提案商品です。
しっかりと計算されたデザイン、構造物(ハード部分)、どんなファニチャーやオーナメント、アーチやオベリスクが合うのか、数ある商品の中から判断してデザイナーが提案する。その提案を信じて下さるお客様がいる‼
そんなお庭でティータイム。
素敵な庭時間をありがとうございます‼

安心・安全「村一果樹園」さんの愛情たっぷり!!

Mark's friend who grows apples in Nagano prefecture, has made really tasty apple chips and apple juice!
Of course totally organic so great for kids!

今年で日本滞在20年になるマークには、今まで一緒に庭づくりをしてきた仲間、部署は違うけど仲の良かった同僚、イベントなどで知り合った方など沢山のお世話になっている方々がいます。
そんな方々の一人、長野県東御市で美味しい果物を育てている「村一果樹園」さんが愛情たっぷりのと〜っても美味しい、りんごジュースとドライチップスを送って下さいました。(スタッフもびっくりして何度もチップスを噛み直したくらい驚きの美味しさでした‼️)

Muraichi_01.jpg Muraichi_02.jpg

ぶどう🍇やりんご🍎を育て、毎年収穫期には予約であっという間に売り切れてしまう人気果樹園さんで、数は多くありませんが、甘くてこんなにも美味しい果物は食べた事ない!とビックリする素材本来の味です!
安全、自然、美味しいの3拍子揃った食品をお子さんのおやつにいかがですか?

Muraichi_03.jpg

是非、村一果樹園さんの加工品(ジュースやチップ)もお試し下さいませ〜!


村一果樹園さんのホームページはこちら→[村一果樹園]

お友達勢ぞろい(Westie friends)

2017年1月もスタートし、ショップにも新たな商品の入荷がありました。
ご近所でいつもお世話になっているK様は愛犬ウェスティを連れて、お散歩がてら植物の苗だけでなく、ウェスティグッズなど新商品の入荷をチェックしてくださいます。

Westie_2017.JPG

お利口さんのwestie御一行様

この日は弊社近くにある「京王フローラルガーデンアンジェ」のドックガーデンにて、遊んだ帰りに寄ってくれた様でした。オーナーとワンちゃん達の新年会だったのでしょうか?
遊びに来てくれたワンちゃん達はみんなお行儀が良く、最後に私の撮影依頼にもしっかりと応えてくれ、動かずにじっとしててくれるんです。
こんなにウェスティが揃うと道行く人や赤信号で止まっている車の運転手の人など一斉にこちらを見ています。目立つんです‼でも、可愛いんです‼
残念ながら、この時マークが外出中で大好きなウェスティ御一行様に会えませんでした。
今度はいつ会えるかな~?

まだまだ、ショップオンラインに掲載しきれていないウェスティ商品、ビションフリーゼやプードル、ヨークシャー・テリアのグッズも販売しております。
ガーデニングだけでなく、英国からのワンちゃんグッズなど気になる方、お近くにお越しの際は是非、お立ち寄り下さい。

[オンラインショップ/Other Goods 雑貨その他]


グリーンジャンボ宝くじ (Green Jumbo lottery tickets)

突然ですが、皆さんは「グリーンジャンボ宝くじ」を既に購入されましたか?
宝くじ購入を斡旋しているのではないのですが、このグリーンジャンボの収益金の使い道をご存知ですか?
名前の由来でもあるこの「グリーンジャンボ宝くじ」はグリーン(green)=緑→緑化事業をはじめとして様々な地方で高齢化・少子化対策、防災対策、公園整備などに使われるそうです。
くじの表面にも「緑に携わる風景」や「森林整備事業」などの画像、絵が描かれています。
今回、緑に関わる者としてこのグリーンジャンボの収益金が緑化事業に使われることを改めて知り、収益金のことを考えると伴に、少し夢を抱いて買っちゃいました‼

Green_Jambo_2016.jpg

グリーンジャンボ、当たりますように!そして、日本中に緑が溢れますように・・・

イギリスでも宝くじの収益金で毎年、歴史的な庭園やマナーハウスの修復、新しいエリアの造成が行われています。
日本でも新しく建物やお庭を作っていくだけではなく、歴史的価値のある建築物、お庭も大切に保存していって欲しいものですね。

世界らん展日本大賞2016 International Orchid Festival 2016

毎年この時期に東京ドームで開催される「世界らん展」では、世界20ヵ国から珍しい蘭が集まってきます。
先週の2/13(土)から始まったこちらのイベントでは世界一大きな蘭・小さな蘭が発表されていました。


Orchid_2016_01.jpg   Orchid_2016_02.jpg
世界一小さな蘭はちっちゃくて可愛いんですよ          展示のフラワーデザイン部門


写真では拡大で撮っているので、実際の大きさをお伝えするのが難しいのですが、世界一小さな蘭はおちょこのような器にこんもりと植えられ、花もちっちゃくて本当に可愛いんです。栽培が難しいとされる蘭ですが、栽培家、繁殖家の多い日本では珍しい蘭を見るチャンスがこんなに身近にありますよ。


Orchid_2016_03.jpg   Orchid_2016_04.jpg
こちらの展示の中にはトトロがいますね~             蘭が生息する特有の亜熱帯を演出


作品には大きなものから小さなもの、フラワーデザイン、著名人の作品までタイトル、コンセプトに沿って見どころが沢山あります。
蘭の豪華な色合いと展示、香りに魅了されますが週末は見学者も多いので疲れる事間違いなし!ですが、既に週末は過ぎ今週からは平日の見学なので、ちょっとゆとりを持って、見学できると思います。19日の金曜までお勧めですので、まだ行かれてない、迷われている方がいらっしゃいましたら是非行かれてみては?


Orchid_2016_05.jpg   Orchid_2016_06.jpg
奨励賞 竹を使った日本風の作品                  今年の大賞はこちらの蘭‼

今年の大賞は黄色みが強い蘭でした。
作品名:パフィオペディラム エメラルド フューチャー 'ギャラクシー'
種名:Paphiopedillum Emerald Future 'Galaxy'
氏名:東京オーキット・ナーセリー/高橋 靖昌
栽培地域:東京都世田谷区


【開催期間】
2016年2月13日(土)~19日(金) 一般公開7日間
午前9時30分~午後5時30分 (入場は午後5時00分まで)

【会場】
東京ドーム

[世界らん展日本大賞2016]

野菜 ロマネスコ Romanesco broccoli

皆さんはロマネスコって言う野菜をご存知ですか?
花蕾は幾何学的な配置で、個々の蕾が規則正しい螺旋を描いて円錐をつくる野菜。
ここ最近、日本のスーパーマーケットでもよく目にするようになりましたね。

Romanesc_broccoli_01.jpg   Romanesc_broccoli_02.jpg
ロマネスコってこれですよ‼                     クローズアップすればするほど、不思議な蕾

でも、このロマネスコ・・・どうやって、調理するのか分からずに購入を控えてる方はいらっしゃいませんか?アブラナ科でブロッコリー、カリフラワーの仲間ですが、こんな調理法もありますよ‼

Romanesc_broccoli_03.jpg

ピクルス

「マークスガーデンアート」のスタッフお薦めの調理法の一つです。

【材料と作り方】
①キュウリ1本、セロリ1本、ニンジン70g→短冊切り、カリフラワー100g、カリフラワー同様分量のロマネスコを小房に分ける。
②出しカップ1、酢カップ1/4、白しょうゆ、・酒各大さじ2、砂糖大さじ1、塩小さじ1

②を合わせて合せ汁を作り、貝柱3個をほぐして加え、野菜類を漬け込む。2~3日後が食べごろ。

たったこれだけで、西洋お漬物のピクルスの完成です。
是非、トライしてみてくださいね‼

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ