Plants(植物達)の最近のブログ記事

アンティーク色のアジサイ

今年は9月から長雨の続く秋ですね。
弊社代表デザイナーのマーク・チャップマンがデザイン・施工・管理を行っている長野県白馬の「白馬コルチナ・イングリッシュガーデン」でもあっという間に秋の気配が進んでいます。

Hakuba_Hydrangea_201809_01.JPGのサムネイル画像










こちらは今年9月に訪問の際に撮影したアジサイです。鮮やかな深い青色のアジサイは一際、目を惹きました。
寒暖差の激しい白馬のような地域、さらに標高の高いガーデンでは特に素敵な青が発色されているようで、ガーデン訪問のお客様から「素敵な色ね~」と歓声が上がります。

Hakuba_Hydrangea_201810_03.JPGのサムネイル画像












こちらは同じアジサイですが、今月の10月に撮影しました。既に秋の紅葉らしき色が始まりました。夏には鮮やかな深みを帯びた青が、少しアンティーク色に変化した気がします。皆さんはどちらがお好みですか?

Hakuba_Hydrangea_201810_01.JPG








ガーデン入口の階段を上るとウォールドガーデンが始まります。
その壁際に植わっているアジサイは2色の色が共存しています。
一株にピンク系と青系。こちらの株は花柄摘みをして何度か返り咲きしているので、花房は小さめですが、色味はまだしっかりしていますね‼
東京近郊では6月頃咲くアジサイが、白馬に来ると10月にも咲いている...。不思議な光景です。

Hakuba_Hydrangea_201810_02.JPG












こちらのアジサイも階段上のウォールドガーデン手前のアジサイです。
ここ昨今、母の日のプレゼントではアジサイが人気になり、あらゆる種類が出ています。
9月にもマジカルシリーズのアジサイが市場では出荷され、都内の花屋さんに並んでいましたよ。




アジサイにも山アジサイ、アメリカアジサイ、つる性アジサイ、カシワバアジサイなどいろんな種類があるので、剪定方法はそれぞれ違います。今回ご紹介したアジサイは以下の学名ですので、皆さんが育てられているアジサイはどんな種類なのか、しっかり見極めてお手入れしてあげて下さいね‼
素敵な庭づくりは手入れを知ることから始まります!!

学名:Hydrangea macrophylla
日本流通名:アジサイ、西洋アジサイ、普通のアジサイなど

球根を植えよう!!

We started selling spring bulbs in our shop.

弊社ショップにも秋植え(春咲き)球根が入荷しました‼
オンラインショップでも一部購入可能ですので、遠方の方は是非ご利用下さい。
マークスガーデンアート[オンラインショップ]

昨年の球根から春の咲き具合や球根の品質を覚えておいて、今年の入荷を吟味します。
球根が春の音連れを知らせてくれると、「楽しいな~」と庭に出るのが楽しみになります。
ムスカリ一つとっても色んな種類があるんですよ‼

Bulbs_2017_02.JPGのサムネイル画像  Bulbs_2017_03.JPGのサムネイル画像
ムスカリ ラティフォリウム          ムスカリ アルメニアカム

濃い青の上にアルメニアカムの青がのっているラティフォリウムという種類は葉も通常のムスカリと違って、つるッとした感じのチューリップに似た葉です。

Bulbs_2017_01.JPGのサムネイル画像
ムスカリ マウントフット

頭にちょこっと白味がかかった帽子が乗ってるかのようなムスカリは珍しくて可愛いですね‼


Bulbs_2017_05.JPG  Bulbs_2017_04.JPG 
チューリップ メリーウィドウ         チューリップ 品種名不明(お客様自身で購入のため)

チューリップはムスカリに比べると少し後(暖かくなったのを確認して)から咲いてきます。
色んな種類があって、本当に毎年迷うのがこのチューリップなんですよね~‼


Bulbs_2017_06.JPG
チューリップ ファンシーフリル

マークも日本園芸協会発行の会員冊子で球根について、執筆依頼を受けた時にもこのチューリップはオススメの品種でした。ピンクのパステルカラーは春、うきうきしますね!


Bulbs_2017_11.JPG
チューリップ 品種名不明(お客様自身で購入のため)

かつてオランダが貿易で栄えていた頃、お金持ちの間では見たことのない植物を手に入れることが一つのステータスとなり、生産者達は新しい品種づくりに躍起になっていた時代がありました。
その頃、チューリップ一つの価格が家一軒をも購入できる価格に跳ね上がった事もあります。
それだけ、チューリップは人を魅了してきた植物の一つだったのでしょうね。


Bulbs_2017_07.JPG
スイセン テタテータ

Bulbs_2017_10.JPG
スイセン

スイセンは花期も長くパッとした目立つ黄色は乾燥した日本の冬に彩りを与えてくれます。
水はけがよく、土壌があっていて球根たちもその場所を好めば、宿根草化しやすい球根です。
小さい丈なので、テタテートは小さなお庭の方々にはオススメです。


Bulbs_2017_08.JPG
クロッカス ピックウィック

紫と白、雌しべのオレンジが人目を引きつけてじっくりと覗きたくなるような不思議な植物ですね。


Bulbs_2017_09.JPG
ミニアイリス ハーモニー

小さなアイリスは「Dwarf Iris(小びとアイリス)」とも呼ばれます。
こちらも小さな花壇、小さな鉢などのコンテナにオススメの球根ですよ‼


Bulbs_2017_10.JPG
大型花房のスイセンは英国内の至る所で見かけます

どのような球根も一粒だけではなく、沢山植えてみて下さい。
同じ種類を沢山植えることによって、インパクトが出て目を惹きますよ‼
球根で素敵な春の空間づくりを目指してくださいね‼
ショップでは多彩な球根を販売しています。
お近くの方は是非、ショップにてお買い求め下さい。

《ショップ情報》
マークスガーデンアート
オンラインショップ:https://www.marksgardenart.com/
〒182-0026東京都調布市小島町3-43-8 1F
TEL:042-444-1515 FAX:042-444-1542

生産者の想い

先日、日頃お付き合いのある埼玉の生産者のハウス見学に行ってきました。
この仕事をしていると生産者の方々がどんな植物・品種を育てているか、どのような管理をしているか、私達デザインや植栽をする立場の者はどのようにこれらの植物を庭の中で使ってあげられるか、常に気になります。

Nursery_2016_Feb_01.jpg  Nursery_2016_Feb_02.jpg
こんなに沢山のポットが・・・                       花が咲くとこんな感じのゴールドコイン   


日本語流通名:ゴールドコイン(キク科)
学名:Asteriscus maritimum
別名:アステリスカス、ゴールデンダラー
特徴:ゴールドコインは寒さに強く、乾燥にも強いので管理の手間が掛らないのですが、夏の高温多湿に弱いため、常緑多年草ですが一年草で扱われる場合もあります。

状態の良い植物に出会うとワクワクするのは私だけではなくマークの同じようです。

Nursery_2016_Feb_03.jpg  Nursery_2016_Feb_04.jpg
種から芽が出ているものと出ていないものがあります       芽が出ていない種があります

よ~く、見てください。
種を撒いても発芽していない種がありますよね?
もう一つの画像をご覧ください。種の発芽後、種類によってはこの小さな区画に分かれたプランターに植え替える場合があります。この画像の植物はプランターで直接発芽させた例ですが、芽が出ていない箇所がありますよね?
これは、種の中にも発芽しないもの、発芽する力が弱っているもの、もしくは時間がかかるものが存在しているからです。
その率が発芽率と呼ばれるものですが、この発芽した中でも次の画像では状態の良い苗を選び次の大きさのポットへ移し替える作業です。

Nursery_2016_Feb_05.jpg  Nursery_2016_Feb_06.jpg
ケーキ用のフォークでそっと取り出します              手作業で、一つ一つ一回り大きいポットへ

こうやって、人の手作業なしでは丈夫な苗、状態にはなりません。
この時期、ハウスの中で育てた苗は市場や仲卸業者に引き取られ、少しずつ外気にさらしながら寒さに強く耐寒性を作っていきます。(急に今時期の外気や雪が降るような気温に出されるとしおれてしまったり、元気がなくなってしまったりします)
人間も同じでTシャツ姿で南国で過ごしてたのに、急に上着(保護)もなく北国の気温の低い地域に行くとブルブルと震えて、風邪引いてしまいますよね?植物達も同じです。

生産の現場を目の当たりにすると、こうやって生産者の方々に大切に選ばれて育てられた植物達をさらに次の段階の者に引き継いで、最終的にはお客様のお庭で育ててもらいたい、個性ある植物苗たちを魅力的に庭の中、ポットの中で活かしてあげたいな~と思います。

スノードロップ (Snowdrop) No.3

今日の東京は晴れてはいますが、風が強く冷たいです。
部屋の中では陽のあたる場所はポカポカして気持ち良いですが、外ではピューピューと風の通り過ぎる音がしています!!
そんな真冬の東京は曇り空の多い湿り気のあるイギリスとは違い、冬は晴天で乾燥して風が冷たい・・・そんな印象です。

さて、「マークスガーデンアート」ショップでは花芽付き球根を取扱ってますが、私の大好きな球根「スノードロップ」の花芽がぷっくりと上がってきました。
以前もブログでスノーフレークとスノードロップの違いを記載しましたが、ショップでお客様とお話していてもご存じない方が多いようです。
ちょうど、2種類の花芽付き球根のポットを販売していたので、撮影しました。

MGA_Shop_201501_05.JPG     MGA_Shop_201501_06.JPG
スノードロップ                                スノーフレーク

この2種類は芽の出方や葉、もちろん花も違うんですよ。
この2種類の球根に関しては水はけの良い、湿り気の多い土壌を好むので、こんな風の強く乾燥している日は気をつけてあげないと!!
うっかり、冬だからと思って水遣りを控えていると土が乾燥していることに気付かないで、弱ってしまいます。

「スノードロップを植えたけど上手く花が咲かなかったの」とか「増えるって聞いてたのに、うちのは増えないわ・・・」と言う方がいらっしゃったら、球根を植えている場所(土壌)を確認してください。
樹木の下などで、日陰、水はけがよく、いつも湿っているような土壌を好むこの2種類は人目に触れずひっそりと暮らしたい・・・そんな植物です。日当たりの良い乾燥している場所では育ちにくいので、植物の個性、特徴に合わせて場所を選んで植えてあげて下さいね!!


過去記事
[魅力的な植物達 球根ガランサス/スノードロップ (Galanthus / Snowdrop)]
[球根 スノードロップ (Bulb Snowdrop)]
[スノードロップス (Snowdrops) No.2]
[スノードロップス (Snowdrops)]

"マークのバラA to Z" 「ゴールドバニー (Rosa 'Gold Bunny')」

西武ドームで行われた「国際バラとガーデニングショウ」はまさに東京近郊にバラの季節を呼ぶ日本最大級のガーデニングイベントですね。
この時期からバラの開花が益々進んで、どんどんと咲き始めましたね。
久しぶりに"マークのばらA to Zの"再開です。

今日ご紹介のバラは「ゴールドバニー」。早咲き品種でフロリバンダ系の中では大輪種で耐病性強、樹勢強、トゲが少ない初心者向けのバラです。

Rosa_'Gold-Bunny'_01.JPG     Rosa_'Gold-Bunny'_02.JPG
こちらはブッシュタイプ                         黄色の色が濃い状態

Rosa_'Gold-Bunny'_03.JPG     Rosa_'Gold-Bunny'_04.JPG
満開になった時には少し色が薄くなります            

Rosa_'Gold-Bunny'_05.JPG
つる性の場合でも豊富に花芽が付く品種です


【学名】Rosa 'Gold Bunny'
【日本名】バラ 'ゴールドバニー'

タイプ:ブッシュタイプとつる性
作出年:1978年
作出国:フランス
グループ:フロリバンダ
花房:四季咲き/中輪7cm/カップ咲き
花色:はっきりしたイエロー色
香り:微香
サイズ:H1.0×W0.8m

魅力的な植物達 球根チューリップ (Tulips)

ようやく、日中の気温も穏やかになって、球根を含めて色んな植物達が咲き始めましたね。
球根もムスカリ、スイセン、ハナニラ、チューリップなど、どの芽がどの球根か?どんな飛出し方をするか?どんな葉の色合いか?など魅力的で観察することは沢山ありますよね。

さて、今日は鮮やかで眩しいくらいの色合いを持ち、数多くの種類・品種が存在する球根チューリップのお話です。
チューリップには早咲き、遅咲きなどがありますが、計画を立てて植え込みをすると球根は長く楽しめる植物です。今回のマークからのお話にはチューリップの歴史や興味深い話が語られています。


Tulips
Cultivation of the tulip began in Persia, they say probably in the 10th century.
At that time the gardens seem to have consisted of wild tulips. However, from the 14 tulip species known from Turkey, only four are considered to be of local origin, so wild tulips from Iran and Central Asia may have been brought into Turkey . Sultan Ahmet also imported domestic tulip bulbs from the Netherlands.

Tulips_01_Tricolor.JPG     Tulips_02_Calypso.JPG
チューリップ 'トリコロール'                       チューリップ 'カリプソ'

Later Tulips were cultivated & exported to Europe. Between 1634 and 1637, the enthusiasm for the new flowers started a frenzy now known as the tulip mania. Tulip bulbs became so expensive that they were treated as a form of currency. Around that time, Vases and bouquets, with tulips, often appeared in Dutch still-life painting.
Tulips are associated with Holland, and Holland has the world's largest permanent display of tulips at the Keukenhof park.

Tulips_03_Keukonhof.JPG     Tulips_04_Greenstar.JPG
キューケンホフ公園内のエキシビジョン               チューリップ 'グリーンスター'

======================
以下日本語訳

チューリップ
チューリップの栽培は恐らく、10世紀にペルシアで始まりました。
当時のガーデンでチューリップを見かけるのは野生種だったようですが、トルコからは14種類のチューリップが知られており、そのうち4種のみがトルコ起源と考えられ、その他はイラン、中央アジアからトルコへ野生のチューリップが持ち込まれたのではないかとされる説があります。*1)

Sultan Ahmet(スルタン アフメト)氏も家庭用チューリップをオランダから輸入していました。
後にチューリップは品種改良され、ヨーロッパへ輸出されるようになります。1634年~1637年の間、今のチューリップマニアとして知られるような、熱狂的な新しい花(新品種)への開発に情熱を注ぎこむ時代が起こりました。チューリップの球根は大変高額で取引され、貨幣のように扱われるようになりました。当時のオランダの人々のライフスタイルを紹介する絵画の作品には花瓶やブーケ(花束)の中に配されているチューリップが描かれています。
チューリップはオランダに結びつきが強く、オランダにはチューリップを半永久的にディスプレイし続けている世界一大きなキューケンホフ公園があります。

*1) オスマン帝国の皇帝

過去記事
[チューリップ(Tulips)]
[花の力プロジェクト 「希望の庭」 秋のメンテナンス+球根植栽]
[コンテナガーデン 球根 途中経過 2012年4月 No.2]
[チューリップ メリーウィドー (Tulip Merry Widow) 2012年4月]

魅力的な植物達 球根スイセン (Narcissus)

昨日、日頃管理している現場ではスイセンのテタテートの品種やピンクチャームなどの品種が咲き始めていました。
先週、2週前まではまだ咲いていなかったのに、ここ最近の天気や気温はあと言う間に庭の景色を変えてくれます。嬉しい驚きですね!!
さて、今日はマークからのスイセン話について、いつもとは少し違った球根情報をご紹介します。
こちらをどうぞ↓

Narcissus is a popular spring flowering bulb for gardens, parks and as cut flowers. Thousands of varieties and cultivars are available.
They are normally sold as dry bulbs to be planted in Autumn. But can sometimes buy in pots too.
The common English name for Narcissus is the Daffodil.

Narcissus_Altuist_01.JPG     Narcissus_Fashion_Parade_01.JPG
Narcissus 'Altuist'                 Narcissus 'Fashion Parade'

The daffodil is the national flower of Wales, where it is traditional to wear a daffodil on Saint David's Day (March 1).
All Narcissus species contain the toxin poison, mostly in the bulb but also in the leaves.
Some forms of human brain cancers could be treated with a natural compound found in daffodil bulbs, claim scientists.
Read more: [Cancer Cure in Daffodils | Medindia]

Narcissus_My_Story_01.JPG     Narcissus_Precocious_01.JPG
Narcissus 'My Story'                Narcissus 'Precocious'

Daffodils are grown on farms in Wales, to produce galantamine, a drug used to combat Alzheimer's disease.
One of my favourites I remember from my childhood is Narcissus 'King Alfred' photo below.

     Narcissus_spp_01.JPG
Narcissus 'King Alfred'                          Narcissus spp.

======================
以下日本語訳

スイセンはガーデンや公園、切り花としても春の球根花として人気があります。
何千という自然種、園芸品種が出回っています。通常、秋に植えつけるため乾いた球根の状態で販売されていますが、時々ポットに入ってる(植えつけられた)状態で買うこともできます。
スイセンの英語流通名はDaffodil(ダフォディル)です。

スイセンは先日ご紹介した[イギリス ウェールズ]の国花であり、伝統的な行事である聖デヴィッド・デー(3月1日)にはそのスイセンを身に着ける風習があります。(余談ですが、スイセンの他にleeks=長ネギも彼らにとって重要な植物で、度々長ネギを身に着けた人々も見かけます。面白い風習ですね!!)

全てのスイセンの種には毒があり、その毒のほとんどは球根内にありますが、葉にも含まれています。
(毒と言っても、ここ最近の報告では)スイセンの球根に含まれている自然毒成分が人間の脳ガンに良い治療に結びつくだろうと言うことが、科学者によって幾つかの形で証明されました。
詳しくはこちらをどうぞ→[Cancer Cure in Daffodils | Medindia]
(※でも、皆さんは上記の結果から効果があると言っても、口にしないで下さいね!!)

ウェールズの農場で育てられているスイセンは、「galantamine」という成分を作り、その成分はアルツハイマー病の患者に効き目があるとされています。
スイセンの'キングアルフレッド'(添付の画像)は私の幼少期を思い出させてくれるお気に入りの一種でもあります。

過去記事
[球根 スイセン (Bulb Narcisuss)]

魅力的な植物達 ヘレボラス/日本流通名:クリスマスローズ (Helleborus)

こんな春の陽気が続くと外へ出たくなりますね!!
お庭ではクリスマスローズが至る所で花を咲かせていますよ。
今日はマークからクリスマスローズの楽しみ方をお知らせです。

Helleborus:

Hellebores are great plants that grow almost anywhere in Japan. Even in this cold wet weather & snow over the last few weeks they keep on flowering!
If you don't cut off the flowers they usually produce seed, so better to be careful when weeding. The seedlings will produce new plants with a big range of colours not the same as the parent plant. Some plants are better to remove old flowers but Hellebores & Digitalis produce lots of seed & easy to grow plants.

Helleborus_04.jpg     Helleborus_01.JPG
下向きかげんに咲くシャイなヘレボラス             花終わりの種から発芽したヘレボラスの芽

Hellebores are quite shy plants & the flowers not easy to see, so sometimes it's a good idea to pick off a flower bring indoors & float it face upwards in a small bowl of water.

Helleborus_02.JPG     Helleborus_03.JPG
水に浮かべたヘレボラスの花たち                ダブル(八重)のヘレボラスの花


======================
以下日本語訳

ヘレボラス
ヘレボラスは日本中のほとんどの地域で育つ優れた植物です。(※育ちにくい地域もありますので、ほとんどの地域としています)今年のように冷たく湿った天候、そして積雪のあった直近のこの数週間でもヘレボラスは咲き続けていましたね!

もし、花房を切ってしまわなければ、種を付けることでしょう。その場合は雑草取りの時に抜いてしまわないように注意が必要です。発芽した種たちは新しい株をつくりますが、親株のような色合いと同じではない、幅広い色合いを生み出します。幾つかの植物(例えばバラ、球根花のチューリップ等々)は古い花房を取り除いた(花柄摘みをした)方がいい場合がありますが、ヘレボラスやジキタリスなどは種を沢山付け、容易に(あまり手を掛けなくても)成長してくれる植物なので花柄、花房を取り除かずにそのままにしてあげる場合あります。
ヘレボラスは結構、シャイ(恥ずかしがり屋)で花を見ることが容易ではありません。
そのため、たまには花房を切り、屋内に持っていく(飾ってあげる)ことや小さなボウル(お皿など)に水を張り、その上に花が上を向くように浮かべてあげるのもいい案でしょう。


注意:ヘレボラスは全般的に日本流通名ではクリスマスローズと呼ばれていますが、英国で流通している呼び名の「クリスマスローズ」は特定種の「学名:Helleborus niger(ヘレボラス・ニガー)」だけのことを指します。詳しくは過去記事にて・・・。

過去記事
[ヘレボラス (Helleborus)]
[クリスマスローズ&レンテンローズ (Helleborus spp.)]

夏の実り ベリーたち (Berries in Summer)

春は確実に近付いているのに、寒くなったり暖かくなったり...、この時期はまるで本格的な春の到来をじらされているかのように感じます。こんな時期こそ、今年のガーデンの計画を練るには適していますよ。
「えっ?まだ寒いのに夏のベリーの計画を?」と思われる方も多いのではないでしょうか?
実はガーデニングって、半年、1年、もしくは3年、5年、10年先の風景、ガーデンをイメージして創っていくものなんです。首都圏にお住まいの方やマンション、アパート住まいの方もベランダや屋上でのガーデニングを先を見通して考えていく・・・これって、大事なことなんですよ!!

例えば、前回ご紹介した「秋の実り ベリーたち」バージョンで今回は「夏の実り」をご紹介しましょう。
今年の春、食せるベリーを植える計画を立ててみるなんてどうですか?


今までにも何度もご紹介した東京のバルコニーガーデンで、ガーデニングを楽しんでいらっしゃるこちらのお宅にはベリー系やハーブが鉢(ポット)で植えられています。

Berries_06_Strawberries_01.JPG     Berries_07_Strawberries_02.JPG
ストロベリー                               ツヤツヤしたイチゴ

見ているだけでうっとりするような膨らみときれいな水遣り後の艶だと思いませんか?


Berries_08_Black-berries_01.JPG     Berries_09_Red-Current_01.JPG
色づく前のブラックベリー                   レッドカラント

イギリスでよく見かけるブラックベリーですが、このブラックベリーはトゲがないタイプ。
レッドカラントは落葉なので、今の時期には葉がないのですが新緑が芽吹き始める春には緑で楽しみ、夏は実で楽しませてくれる植物です。
少し、酸っぱい感じですがケーキやスウィーツに使われるヨーロッパでは良く見かける一般的なベリーです。

Berries_10_mixed_01.JPG
夏採れミックスベリー達

こんなに採れたベリー達を冷凍保存して、機会がある毎に料理やデザートに少し載せて食べたり、ヨーグルトに載せたり・・・。夏の終わりにお孫さんたちが喜んで、収穫したそうです。
収穫時、鳥たちもベリーを狙っていました。ベリーが成熟する時を待っていると、「今日、収穫しよう!!」と思っていたその日の早朝に鳥にやられてた!ってことも度々。
ですが、自然との共存です。
気負いせずに、気長にガーデニングを楽しみましょう!!


過去記事
[秋の実り ベリーたち Berries in Autumun]
[バルコニーガーデンのベリーたち 東京都新宿区]
[イギリス イングランド・チェルトナム B&B編(England, Cheltenham) No.3]

魅力的な植物達 球根クロッカス (Crocus)

庭の除雪は皆さん、済んでいらっしゃいますか?
長野県白馬の様に積雪が多い地域では、積雪量を想定して耐えうる植物を植えていますが、東京近郊では先日のような積雪はとても予想ができないものです。そんな地域にお住いの方々は是非、庭の除雪も心掛けていただけると、土の中で静かに春を待っている植物達も春の日差しを感じることができますよ。
球根類は特に春の日差し、気温を待ち望んでいますよ~。
今日は春の早咲き球根の一つであるクロッカスのお話。
東京ではクロッカスの芽が飛び出し始めましたよ。


A genus of flowering plants in the iris family comprising 90 species of perennials growing from corms. Grown for their flowers appearing in autumn, winter, or spring. Crocuses are native to woodland, alpine areas, and meadows from central and southern Europe, North Africa and the Middle East and across Central Asia to western China.
About 30 of the species are cultivated.

Crocus_01.JPG     Crocus_02.JPG

Among the first flowers to bloom in spring, crocuses are popular with gardeners. The most popular are the later flowering Giant "Dutch crocuses" (C. vernus)
In areas where snow and frost occasionally occur in the early spring, it is not uncommon to see early flowering crocuses blooming through a light late snowfall.
Most crocus species and hybrids should be planted in a sunny position, in well-drained soil, although a few prefer shadier sites in moist soil. Some are suitable for naturalising in grass. All do well in pots & containers!

======================
以下日本語訳

クロッカスはアヤメ科の植物で、花が咲く属植物の中には90種の多年生が球茎から生長します。秋に花を咲かせるもの、冬又は春に咲くものがあります。クロッカスはウッドランド(森林)、山岳地帯や南ヨーロッパ、北アメリカ、中東アジア、中央アジアから中国のメドウ(牧草地)に掛けて自生しています。
30種類ほどが園芸品種で、出回っています。

春一番の咲き誇りを包んでくれる花としてクロッカスはガーデナー達に人気があります。特に人気があるのは遅咲きの"Dutch crocuses(ダッチ クロッカス)"と呼ばれる大き目の花です。(C. vernus)

早春、時々起こる雪や霜の降りる地域では咲いたばかりの鮮やかなクロッカスが遅い降雪の隙間から顔を出している光景も稀ではありません。
ほとんどのクロッカスの種や品種は日の当たる場所に植栽されるべきで、水はけのよい土壌を好みますが、数種類は多少湿り気のある半日陰を好むものもあります。グラス(芝生)の中に自然体(ナチュラル)な感じで植付けると良く合います。また、ポットやコンテナでも上手くいくと思いますよ!


過去記事
[球根 クロッカス (Bulb Crocus)]

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ